AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

あの頃に逢いたい / 耕野裕子

2005年05月20日
あの頃に逢いたい [文庫版:コミックセット]
耕野裕子
B00007CAAP

ゆずるはデザイン学校の学生。
桃山とは一見恋人同士のように見えるが
ゆずるには忘れられない人がいた。
じつは、デザイン学校に通うのに一人暮らしをしているのも
そのヒトのことを、忘れたいから。
それは、兄、冬久だった。
冬久は血のつながらない兄。
それを知った時からゆずるの兄への恋は始まっていた。
自覚したのは14の夏。
しかし、ゆずるが兄をひとりの男として見つめてしまったら
冬久はこの家の「家族」ではなくなってしまう。
押さえられない恋を押さえるために離れて暮らす決心をした
ゆずるなのだった…。

義理のきょうだいの恋愛、胸キュンですね!!
私も、よく妄想を膨らませたもんだ。
「とってもカッコイイお兄ちゃんがいて
 実は血が繋がっておらず
 二人は恋人となり、ケッコンするのだ」という
妄想。モーソー・・妄想竹…
実際、男きょうだいがいないからこそ抱けた妄想であろう。

耕野さん、大好き!
このコミックスの3巻には「憶ちゃんは花火」も、収録。
これまた、桜という弟を溺愛??する姉、憶。
桜に向かって別れを辛がり泣く憶ちゃんが切ないです。
スポンサーサイト
[か行のマンガ家]耕野裕子 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。