AX
fc2ブログ

フロイト1/2 /川原泉

2006年07月11日
4592125142フロイト1/2
川原 泉
白泉社 1990-02

by G-Tools
freude

川原さんの「フロイト1/2」をご紹介します!

収録作品は
フロイト1/2…1989年花とゆめ4・8号掲載
かぼちゃ計画…同上14号掲載
追憶は春雨ぢゃ…同上11号掲載
●おまけ…川原泉の予告カット展覧会


フロイト1/2

フロイトの没後50周年にあたるこの1989年、この作品は発表されました。フロイト…小難しそうなテーマが川原さんらしいですよね。
フロイト教授の紹介も、川原さんらしいです。

ウィーン大学のフロイト教授は神経病理学者
精神分析学 深層心理学の創始者
夢などの心理現象の無意識規制をムニャムニャムニャ…
ともかく偉大な学者だった 
   以下略


で、このフロイト氏、没後50年、どこにいるかと言いますと、天下の小田原城の庭で、「風呂糸屋」として(下手な駄洒落を飛ばしつつ…当時は『おやじギャグ』って言う言葉がまだなかったのですね?)提灯を売っているのです。
それが目に見える人間と見えない人間がいる、この物語の主人公の篠崎梨生ちゃん8歳と、大学一年の瀬奈弓彦のふたりには見えたのです。
二人は風呂糸屋さんから提灯をそれぞれ5円で買います。
その提灯、ただの提灯であるわけがなく、不思議なはたらきをする提灯だったのです!
そのはたらきとは、二つの提灯を持てば夢がつながり、夢の中で会えるのです。それで、梨生は遭難した弓彦を助けることも出来たのです!!
Read more "フロイト1/2 /川原泉"
[か行のマンガ家]川原泉 | Comments(2) | Trackback(0)

美貌の果実/川原泉

2006年06月21日
美貌の果実
川原 泉
4592115783

『大切にしたいね ボクらの第一次産業』をキャッチフレーズとした『愛と家畜と作物の感動物語!!!』
収録作品は↓

●愚者の楽園---8月はとぼけてる
●大地の貴族---9月はなごんでる
●美貌の果実---10月はゆがんでる
●架空の森

相変わらずほのぼのとしてて、少女マンガからはちょっと外れてるようなちょっと異色のラブコメディ!面白いですよ♪


●愚者の楽園---8月はとぼけてる

九州南部のぬくい県、K県I市が舞台です。
本州から一年前に転勤してきた姫野家の、二女麻子さんが夏休みの補習に行く途中、熱帯植物の園芸農園、その名も「日本農園」のヤシの実が頭に直撃して倒れてしまったことから、その農園の若き経営者、安楽史郎と知り合いになり、トロピカルな果物欲しさに夏休みのバイトを申し出て、働きながらトロピカルフルーツを食べながら、安楽さんに惹かれていくという話です。
「わたしは生まれながらの農業人なのだ」と悟る麻子さんが面白い!農業をテーマにしたマンガは「GREEN(二ノ宮知子)」と言う傑作があるけど、あちらはロマンスがメインテーマであるのに対しこちらは、本当に農業を目指す麻子さんが微笑ましい!
安楽さんを「マスター」って呼んだりして(笑)アンクルトムじゃないんだからやめなさいなんて言われてるのがおかしかったり。
安楽さんの友だちと、麻子さんのお姉さんたちのロマンスも見ものですよ♪


●大地の貴族---9月はなごんでる

今度は北海道です。クララ牧場の若き経営者、倉沢智彦青年と、その牧場のとなりの別荘にやってくるお嬢様鷹司郁子さん(もちろん聖ミカエル学園の短大2年生)とのラブロマンスですが、これはなんと言ってもその主人公たちの馬や牛の活躍に注目したい!川原さんのマンガって「食べ物」「夢」と、そして「動物」が結構面白い役割をしてて「笑う大天使」では犬のダミアン、「銀のロマンティック…わはは」ではこれも犬のポチ…などと言う風に、インパクトが強い!!
今回は、あるじたちを結びつけようと、八面六臂の活躍をする、クララ牧場のバース(牛)と、郁子さんのサラブレッド、フォンタナ・ゴールド。2人は、いや2頭は犬猿の仲なんだけど、そこに野心をもって郁子に近づく緋川家のバカ殿、信之を排除すべく強力なタッグを組むってところが面白いんです。
また、こいつの馬が憎たらしい!スター・ハーベストって名前なんですけどね。それぞれ、馬も牛も人間として描かれてるのですよね♪
こいつらが智彦にハッパかけるんですよ。早く郁子のところへ行けーって。そして、智彦は颯爽と郁子をさらいに行く。バース(牛)に乗って!!(笑)
ああ、こう言う感覚が好き。たまりませんね♪

Read more "美貌の果実/川原泉"
[か行のマンガ家]川原泉 | Comments(4) | Trackback(0)

カレーの王子さま/川原泉

2006年06月10日
4592117506カレーの王子さま
川原 泉
白泉社 1985-10

by G-Tools


「空の食欲魔人」の続編…で、いいよね。
表題作「カレーの王子さま」は、「空の…」のカップルのその後を描いた作品で、収録作品は、「食欲魔人シリーズ」となっています。
そして、初投稿で努力賞受賞の「ジュリエット白書」も収録♪


●カレーの王子さま

みすずと弘文、めでたく新婚生活を送っております。
これがやっぱり普通の甘い新婚さんの生活じゃないところがおかしい。
まず、ハネムーン先のギリシャで食中りをして「トイレの怪人20面相」になってから、弘文はカレーにご執心となり、吉川家では週イチでカレーが食卓に上ることに。ま、それはいいんですけど。メニューって新婚に限らず主婦には負担だもん。週イチカレーなんて、あるある!(?)おかしいのは弘文が、みすずの言うことを聞かないで寝床でお菓子を食べる。そこで、みすずが怒る。そのときの弘文のセリフ「俺は実家に帰らせてもらう!!」。しかし、『みすずの』実家に帰ってしまうのだ。泣きながら。その夜みすずが見た夢はカレーの大きななべの中で溺れてる夢!
でも、弘文は翌朝にはケロっとしてるのね。そしてさっそうとフライトへ。パイロットの姿になると2割増カッコいいね、というみすずの姉妹たち。でも、ほんにかっこ良い♪
しかし、またもや機内でトラブル発生。パイロットのひとりが食中毒に!
そこに乗り合わせたみすず。実はとっても辛いカレーを作り弘文に食べさせようとわざわざ同じ飛行機に乗り込んだのだ。カレーと聞いて俄然張り切る弘文。無事にアンカレッジに着くのです。操縦中の弘文の心中は「はやくカレーが食べたい」と「いい嫁さんもらってよかったな」だもんね(笑)
しかし、2人で死ぬほど辛いカレーを食べた後、なぜか弘文は今度は「きしめん」にご執心に…。カレーの王子さまからきしめんの殿様に変身…なんて、やっぱり面白い二人(笑)


Read more "カレーの王子さま/川原泉"
[か行のマンガ家]川原泉 | Comments(3) | Trackback(2)

空の食欲魔人/川原泉

2006年06月09日
空の食欲魔人 Amazon
川原 泉
459211714X


「笑う大天使」の川原泉さんのデビューコミックです。
切なくて胸が「きゅ…ん!」として、大好きで大好きで彼のことを考えただけで苦しくて…部活の後片付けのとき、木の根っこに躓いて転びそうになって、彼がその腕で支えてくれて、そのまま見つめあって、抱きすくめられて、キ…ス…されちゃった…。嬉しいはずなのに涙が出ちゃう…の…は、どうしてなの?。
と言うタイプの(どんなタイプやねーん!!!!!)少女恋愛マンガばっかり読んできたわたしには、ちょっとこれ、衝撃でした(笑)。
「銀のロマンティック…わはは」を読んだ時も、ものすごい衝撃を受けましたねー。こんな「少女マンガ」があったのか~!!
さて、その川原さんのマンガは、わたしが読んできた「タイプ」とは、正反対の少女マンガ。だけど面白い!!今まで「酔ってた」のは、間違いだったのではないかと指摘されたような感じ。目からうろこ!!
独特のこの雰囲気は、多くのファンを魅了するわけですよ。
バリバリの少女マンガもやっぱり捨てがたいけど、このちょっと醒めて照れてる感じのマンガも、病み付きになるね。
それに、川原教授って呼ばれてるだけあって内容が哲学的というか、哲学的といっても清原なつのさんとはまた別のタイプの…。
言わば「川原先生に教えてもらったら、授業が楽しいかもしれない♪」と期待を抱かせる…そんな感じかな。と思いますが。

収録作品

●たじろぎの因数分解

数学だけがとっても苦手な藤枝さんと担任であり数学教諭である椎名先生。2人は親同士の再婚で同じ家に暮らす『義兄妹』になってしまいます。
先生にお弁当を作ったりするうちに、2人の距離が尚のこと縮まり…因数分解にたじろぐことがなくなって、ちょっとときめくようになった…という話です。途中、藤枝さんが見る夢⇒凶暴な因数分解式に襲われて、それを見る見る解いて行く椎名先生を「りりしい!」と見とれてる…という夢が印象的で笑える。
Read more "空の食欲魔人/川原泉"
[か行のマンガ家]川原泉 | Comments(2) | Trackback(0)

笑う大天使/川原泉

2006年05月28日
笑う大天使(ミカエル) (1)
川原 泉
4592114035

笑う大天使(ミカエル) (2)
川原 泉
4592114043

笑う大天使(ミカエル) (3)
川原 泉
4592114051


Amazonさーん、映画化なんですから。原作も画像下さい!!

川原泉さんの「笑う大天使(ミカエル)」をご紹介。以前にも読んだのですけどね、ちゃんとした感想を書いてなかったので再度挑戦デス。(関連記事

これは本編を『花とゆめ』1987年3号から19号まで連載した後、外伝みたいな三部作「空色の革命」「オペラ座の怪人」「夢だっていいじゃない」を1988年に、掲載。ものすごく独特な川原節が楽しめる、クセになる面白さです。今回映画になったのは多分、「誘拐編」とでも言うか「怪力編」とでも言うのか「本編」のようですね。
簡単に説明すると、究極のお嬢様学校の中ではみ出してる3人がタッグを組んである事件を解決に導くと言うのですが、そこに至るまでに描かれる独特の川原ワールドにノックアウトされます。
なんせ、3人のうちの一人は、姿かたちから他の生徒に「オスカル様」と、呼ばれてるんですが、彼女はオスカルを知らない不届きもの。「わたしはアライグマではない!」なんて、ラスカルと間違えてたりします(爆)。
また、「源氏物語」旧約聖書の「士師記」「出エジプト記」や皇帝ティベリウス時代のローマの話や「ヘンゼルとグレーテル」などなどいろんな物語が登場するのだけど、川原流の解釈の面白さに唸らされます。授業もこれぐらい面白ければよいのに…とすら思えます。
そしてまた所々にさりげなく出てくる「ポーの一族」や「文句があるならベルサイユへいらっしゃい」などのセリフは、往年のマンガファンには嬉しいことこの上なし!!
Read more "笑う大天使/川原泉"
[か行のマンガ家]川原泉 | Comments(2) | Trackback(1)

中国の壷/川原 泉

2004年05月05日
中国の壷
川原 泉
4592883179

「中国の壺」:安曇志姫は広大なお屋敷で働く女中…のようだが、実は、この家の娘だ。
母親が再婚して「義父」となった人のお屋敷で住んでおる。
そして、志姫には「守り神」がいた。他の誰にも見えないその竜飛と言う名の守り神は、壺から出入りする「中国版魔法のランプ」だった。
でも、ランプの精ジーニーと違って、竜飛はただ見守るだけ。ほんとうに「見守る」だけの「守り神」なのだった。あるとき、お初にお目にかかる、義父の息子(志姫の義兄に当たる)巧がやってきた。
なんと、巧には他の誰にも見えない竜飛が見える??

Read more "中国の壷/川原 泉"
[か行のマンガ家]川原泉 | Comments(1) | Trackback(0)
« Prev | HOME |