AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

栞と紙魚子シリーズ/諸星大二郎

2005年02月25日
栞と紙魚子の生首事件
諸星 大二郎
4257902809

栞と紙魚子と青い馬
諸星 大二郎
4257903422

「妖怪ハンター」と同じ作者のコメディタッチのホラーです。
まるで漫才のように2人の息がぴったりで、ボケと突っ込みが効いてて面白い。
生首を拾って、押入れに隠したり。それを水槽で飼ってみたり(エサは糸ミミズ!!)
花見をしようとしたら、首吊りの名所だったり(桜の木には死体がぶら下がっている、と言う名言があるそうな…!!)
飼い猫に「おまえも、人間でおしゃべり出来たらいいのにね」と言うと本当に猫が人間になったり…(でも、オッサンなのだ!!)
ホラー作家の段一知(壇一馬??)一家も面白い。奥さんの全身を一度見てみたいものだ。
娘のクトルーちゃんも強烈キャラ。なんでも、ホラー好きなら誰でも知ってる名前だそうだ。私は知らないが。
「首山のおばけ鳥居」なんて面白かった!!
いつの間にか増えてる鳥居、その正体は?こんなんあったら怖い!!
そして、このときの紙魚子はまるで「妖怪ハンターみたいよ」というのがまたおかしい。
そして「陳氏菜経」というレシピの「人肉料理」!!うう~~怖い!!骨が~~~~(爆)

ホラーでコメディ…むっちゃツボだった!
はなちゃんにお借りしました。ありがとう♪
スポンサーサイト
[ま行のマンガ家]諸星大二郎 | Comments(0) | Trackback(0)

妖怪ハンターシリーズ/諸星大二郎

2005年02月01日
海竜祭の夜―妖怪ハンター
諸星 大二郎
4420137045

天孫降臨―妖怪ハンター 稗田礼二郎フィールド・ノートより
諸星 大二郎
4088750101

知る人ぞ知る、知らない人は全然知らないと言う「妖怪ハンター」
実は映画になっております。映画では妖怪ハンターは「ヒルコ」と言う名の女の子のようですが。
原作ではとっても渋い、ストイックなインテリジェンスな感じの稗田礼次郎。
超常現象あるところに稗田あり…と言う感じで数々の難事件に遭遇する。
と言っても、別にこの人が事件を解決したりするわけでもなかったりして。する時もあるけど。
一話一話がとっても、深い!!
もっと突っ込んで長い話にしても良いぐらい。
日本昔話の「うりこひめ」なんて、こんな話だったっけ?と驚いたし、隠れキリシタンを題材にした話なんて結構説得力があっておもしろかったな~~
でも、やはり「種子」の話が印象的。
これもはなちゃんにお借りしました。ありがとう♪
[ま行のマンガ家]諸星大二郎 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。