AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

家族八景/清原なつの

2008年04月17日
404725018X家族八景 上巻 (1) (KADOKAWA CHARGE COMICS 16-1)
筒井 康隆 清原 なつの
角川書店 2008-03-05

by G-Tools
4047250198家族八景 下巻 (2) (KADOKAWA CHARGE COMICS 16-2)
筒井 康隆 清原 なつの
角川書店 2008-03-08

by G-Tools


原作はかなり古い作品(筒井康隆作品)でして、わたしも一時期筒井康隆にはまったときがあって、そのときに読みました。
それ以前にNHKの夕方に、少年向けのドラマを放送していたんですが、このシリーズの第二作「七瀬ふたたび」を、多岐川裕美さんの主演で放映していて、ご多聞にもれずわたしも楽しみに見ていました。
その時は「どうして『ふたたび』なんだろう」と思ってんたんですが、後に原作を読んで疑問が解けました。第一部としてこの「家族八景」があったのです。
第二部の「七瀬ふたたび」は、もっとSF色が強く、サイキックが持つ苦しみや孤独感、そしてサイキック同士の出会いや戦いが大変面白かったです。
こちら「家族八景」は、表面上からはうかがい知る事ができない、人の内面や家族のありようなどを、七瀬の能力を通してシニカルに描いた作品でしたね。
第3部の「エディプスの恋人」も、SF色を残しつつ、そこには恋愛と言うテーマも絡み、この3部作はそれぞれ独自のカラーを持ちそれぞれが、特色ある面白さを持っている名作です。
ここでは清原さんが、原作の味を損なうことなく見事に漫画化しています。
一読の価値はあろうと思いますが、ちょっと内容がアダルトなので、お子さんにはオススメしません。(~_~;)
清原さんの描き方は、淡々としてイメージをデフォルメしている感じになってて、直接的なイヤラしさっていうのは薄いんだけど、それだからこそ却って生々しい迫力、なんか正視しがたいいやらしさがあるように思います。
原作をもう一度読みたくなることは確かです。



4101171017家族八景 (新潮文庫)
筒井 康隆
新潮社 1975-02

by G-Tools

4101171076七瀬ふたたび (新潮文庫)
筒井 康隆
新潮社 1978-12

by G-Tools

4101171130エディプスの恋人 (新潮文庫)
筒井 康隆
新潮社 1981-09

by G-Tools



スポンサーサイト
[か行のマンガ家]清原なつの | Comments(2) | Trackback(1)

花岡ちゃんの夏休み/清原なつの

2005年04月06日
花岡ちゃんの夏休み
清原 なつの
408853140X


りぼんをいつも買っているわけではなかったけど
この号だけは「夏休み」だったので買いました。
清原さんは始めて読んだのがこのとき。

「私はどこから来てどこに行くのか
 何のために生きているのか」
そう考えてる花岡ちゃん。
私自身、そういうことを考える少女だったので
すっごく共感が持てたのを覚えてる。

そこに登場する不思議な作家志望の箕島さん。
クールでインテリジェンスなところが私の好みで?
眉毛の角度も今思えば私の好み、ドンピシャだったね(笑)

「人生の意義はまだわからないけど
蓑島さんとならその答えを探せるような気がする」

まさに、これが人生のパートナーとして一番大切なことだよね。

コミックにはこの続編の「早春物語」これは花岡ちゃんに恋のライバル登場!って話です。
その他は「アップルグリーンのカラーインクで」
「青葉若葉のにおう中」「グッド・バイバイ」が収録されています。
[か行のマンガ家]清原なつの | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。