AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

永遠の野原/逢坂みえこ

2005年12月21日
永遠の野原 (1)
逢坂 みえこ
408860363X


思い入れのある作品っていうのは、レビューをアップしにくいよね。
この作品はまさにそれです。
連載中ずっと「ぶ~け」を読んでいて、大好きだった作品の筆頭。

1988年11月号~1998年1月号まで
ほぼ隔月連載と言う形で「ぶ~け」に連載された。

あらすじは、主人公古屋二太郎(高校生)が、恋をしたり失恋したり、傷ついたり傷つけたりして成長する青春ストーリー。
というと、簡単すぎる紹介文だけど。

二太郎は、ぜんぜんかっこよくない。
僻みっぽかったり、いじけたり、独占欲が強かったり、自分に忠実な友達(石田太や紺野くん)にはちょっと傲慢じゃない?と思える態度をとったり…。
でも、それが本来の「ひと」のすがたなんじゃないかって、思える。多分そう。そこに、読み手は自分を重ね合わせて、同じように感じては感動したり落ち込みを共有したり出来る。
この物語のすばらしいところは、その「思わず共感してしまう」ほどの内面描写の優れた点だと思う。
そのため、ドラマチックな盛り上がりや、激しい流れのストーリー展開はない…と言ってもいいと思うんだけど、それでも目が離せなくなるのです。
そして、なんだか泣けるのです。

二太郎と、姉の一姫(少女ホモ小説作家)は二人暮し。(親とは事情があり別居)ふたりは愛犬のカキを半年前に死なせたばかり、二太郎はもう二度とペットは飼いたくないと思っていたのだけど、一姫が「みかん」と言う名の子犬をもらってきたので、仕方なしに飼い始めるのところから、物語は始まる。のだけど…。
このみかん、すっごく可愛いのだ!表情が豊かで、甘えん坊で、出来た犬じゃないところがまた可愛い。みかんを見ているだけでもこのマンガは楽しい!!
著者逢坂さんご自身が犬を飼ってらして、その体験がうまく描かれてるようで、わたしは犬を飼ったことがないけど、犬を飼う幸せや苦労ってこんな感じだろうな~って、疑似体験できてしまう。

そして、この物語のもうひとつの特徴は「片思い」である。
片思い…いや、片恋、と呼びたい(笑)。「片恋」がいーっぱい出て来るのだ。
それぞれの登場人物が「片恋」と共にとっても個性豊かに魅力的に描かれている。
二太郎が恋をする相手のマリ子。
二太郎の親友、石田太。
彼に片恋の野沢ひとみ。
ひとみを追いかける中井縫ノ介。
まだまだ、片恋中の登場人物わんさか!
純粋に相思相愛なのは、一姫と柳さんぐらいで、後は片恋のオンパレードなのだ。
それぞれの「片恋」やその切なさに共鳴しながら「青春」の苦しさ甘酸っぱさを思う存分、楽しめる作品!

それと、作家である一姫の創作者としての苦悩は、逢坂さんご自身のそれを投影させてあるに違いない。リアルで生々しい迫力は、まさに体験者が語るものではないでしょうか。悩める一姫の内面は読者としても興味深かったねぇ。
Read more "永遠の野原/逢坂みえこ"
スポンサーサイト
[あ行のマンガ家]逢坂みえこ | Comments(2) | Trackback(0)

大きく振りかぶって/ひぐちアサ

2005年12月18日
おおきく振りかぶって (1)
ひぐち アサ
4063143422


通称「おおふり」。人気連載中の野球マンガです。
いままでの野球マンガとどこが違うかというと(…って、エラソウに言うほど野球マンガも読んでないんですけどね!!)主人公の三橋くん、ピッチャーなんだけど自分に全然自信がない!ええ、そりゃもう、ビックリするほど自信なし。それでよくマウンドに立つよ、というかんじ。(ちょっと、とある野球小説を思い出す。あれの『巧くん』とは真逆の雰囲気をもつ。)
でもそれには理由があり、中学3年間に、自分が「ひいき」で、ピッチャーをやりつづけ、そのためにチームは負けつづけ、それでも自分はマウンドを降りることをただの一度たりともしなかった…。そのためにチームメイトに憎まれてて、そのためにチームメイトとは別の高校を選ぶことになるほどに修正不可能な関係になっていたのだ。
そして、新天地の西浦高校で出会ったチームメイトたち、そしてモモカンと呼ばれる女監督、顧問の先生の中で、気弱で自信のない主人公が徐々に変わっていく・・・。
特に、キャッチャーの安部くん。彼は、三橋が中学時代を投げぬいたのは「ひいき」なんかではなく、見合うだけの実力があったと即効で見抜いて、彼とのバッテリーに今後の野球部の命運を賭ける。最初は「勝つため」だけに三橋を必要とした安部くんだけど、だんだんと二人の間に信頼と友情が芽生えていく過程が微笑ましくイイ感じ。
それぞれチームメイトの個性的なおもしろさ、彼らには彼らなりの過去がありそれを丁寧に描きながら物語りは進み中。
今後の進展が楽しみです。
私のお気に入りはモモカン。自分にもこんな情熱と懐の深さがあればなぁなんて思ってしまうぞ。彼女はきっとお母さんになってもすばらしい子育てをするに違いない。

5巻まで。
娘の友達に借りました。ありがとう♪
おおきく振りかぶって (2)
ひぐち アサ
4063143538

おおきく振りかぶって (3)
ひぐち アサ
4063143686

おおきく振りかぶって Vol.4 (4)
ひぐち アサ
4063143848

おおきく振りかぶって Vol.5 (5)
ひぐち アサ
4063143937

4063144089おおきく振りかぶって Vol.6 (6)
ひぐち アサ
講談社 2006-03-23

by G-Tools

[は行のマンガ家]ひぐちアサ | Comments(4) | Trackback(0)

もやしもん/石川雅之

2005年12月17日
もやしもん 1 (1)
石川 雅之
4063521060

もやしもん 2 (2)
石川 雅之
4063521265


いやー、実に驚いた。
動物や、虫を可愛く擬人化してあるマンガはゴマンとあるけど、よもや「菌」をこんなにもカワユク描いてあるマンガがいままでにあったのだろうか?
しかも、「A・オリゼ」だの「A・ソーエ」だの「ベティオコッカス・ハロフィリス」だの「大腸菌⇒E・コリ」「アオカビ菌⇒P・クリソゲヌム」「H・ピロリ菌」「V・パラヘモリティカス」「V・コレレ」「S・ディゼンティリイエ」「P・シゲロイデス」…もうともかくい~~~っぱいの菌たちが、きちんきちんと固体識別されていて!お見事。そしてそりゃもうカワユく描いてあって見ているだけでも楽しい。
実は主人公の沢木惣右衛門直保(さわきそうえもんただやす)君は種麹屋の息子で、菌が肉眼で見えるという特殊体質。見えるどころか意思の疎通も可能だ。小さい頃の遊び相手は麹菌たち??
このマンガ、その発想からして凄いと思うけど、菌が見えるって事がこんなにも面白いことだと言うのは、マンガになってみなければわからないことでした。
彼は友達の造り酒屋の息子結城蛍(ゆうきけい)と一緒に東京の農業大学に入学する。そこから物語が始まるのだけど、この大学と言うのがまた主人公の特技に負けず劣らず面白い!
大学内の道路には「馬優先」なんて書いてあるし、道路標識は「動物注意」。牛は普通に歩いていて学生は牛の落とした牛糞を始末しながら歩く。
教授はなにやら怪しい発酵食品を作っているし(これがまた、キョーレツもはなはだしい)学生の一部はお酒を密造しているし…。
こんな面白い大学で面白い体質の直保が、今後どんなキャンパスライフを送るのか?すっごく楽しみな作品です!

あさみさんにお借りしました。
ありがとうございました!

3巻の感想はコチラ
[あ行のマンガ家]石川雅之 | Comments(2) | Trackback(2)

ノーサンキューノーサンキュー/土田世紀

2005年12月17日
ノーサンキューノーサンキュー
土田 世紀
4091885624


「夜回り先生」「同じ月を見ている」の土田世紀氏の短編集。

収録作品
ノーサンキュー・ノーサンキュー
どうしようもないバカオヤジが主人公だけど、でも、子どもを思う気持ちは本物!唯一仲良くしている男はなんと警官。どこか病気の部分を持ちながら、今日も精一杯生きていきます。…男の哀愁を描いてる!感じかな?「父ちゃん」を慕う無垢な織江ちゃんが可愛いですね。

バカ
Jリーガーを夢見て新聞配達。と聞くとがんばっていてエライ男の子の物語のようですが、実はそう言いながらも本人サッカー未経験。で、「バカ」と言うあだ名をつけてちょっとトロイともだちを使い走りにしている、強い奴らにはヘコヘコしてる…あんまり主人公らしい主人公とはいえない、等身大の高校生の男の子の話です。でも、こんな感じなんじゃないの?ほんとは。どこにでもいる感じがします。
ちょっとスリリングな展開とほっとするラスト、読後感がさわやかな佳作です。
ちなみに、バカと呼ばれる友達がつぶやく言葉「ひとり、ただくずれさるのを待つだけ」というのは、「ぼくは12歳」という詩集から抜いたものでしょう。
この短編にて、このフレーズが出てきたのでドキっとした次第。

HOT MOON
この本の中で一番感動したのがこの作品。
田舎の高校で同級生の二人。一人は地元のギョーザ屋へ、そして一人は「なにか」を求めて東京へ。東京に出たアオジは夢をかなえて企業を起こしたけれども、結局自己破産で●クザに追われる身に…。
そんなアオジが、ギャーザ屋のショーちゃんに言われた言葉は…。

その他の作品は↓
恋はどうだい
キャット空中一時停止

あさみさんにお借りしました。
ありがとうございました。


夜回り先生 1巻の感想はこちら
夜回り先生 2巻の感想はこちら
夜回り先生 3巻の感想はこちら

↑同じ窓で開きます。戻るときはブラウザボタンかentryからm(__)m
[た行のマンガ家]土田世紀 | Comments(0) | Trackback(0)

夜回り先生(2)/土田世紀

2005年12月17日
夜回り先生 2 (2)
水谷 修 土田 世紀
4091885926


夜回り先生のマンガ、2巻を読みました。
(一巻の感想はこちら
1巻同様、かなり感動的。
収録タイトルは
●ブランコオバケ
●アイ
●陽光
そして、合間に挿入される夜回り先生方のメッセージ「いいんだよ」
ここで、先生は何度も「生きていくことの大切さ」を訴えています。
本編3つのお話の中で、特に辛いのは「アイ」。

アイ

これは藍と言う名の少女の、儚い生と夜回り先生とのかかわりを描いた作品なのだけど、夜回り先生の子どもへの想いに胸打たれて、そして見たこともない藍と言う少女の苦しみや悲しみに、思いが馳せられてボロボロと泣けてきました。
どうしてこんなにも辛いことがこの少女の身の上に起こらねばならなかったのか…。
先生のメッセージ
「死は美しいものではありません
 むごいものです
 生きてください」
この言葉が、みんなに届きますようにと願って止みません。

ブランコオバケ
ここでは、先生自身の子供の頃に触れられていて、その哀しく切ない子供時代に涙を禁じ得ません。言葉はとても少なく語ってあるのだけど、少ないからこそ悲しみが圧倒的な重さとなって読者にのしかかるようでした。

あさみさんにお借りしました。
ありがとうございました!


1巻感想
2巻感想
3巻感想
4巻感想
4巻感想
土田世紀氏の「ノーサンキュー・ノーサンキュー」はこちら

↑同じ窓で開きます。戻るときはブラウザボタンかentryからm(__)m

[た行のマンガ家]他 | Comments(0) | Trackback(0)

やっとラストだ~!「スケバン刑事」

2005年12月07日
その1
その2
その3
その4

↑ 続きになります。

紅の血 紅の花
サキ、神恭一郎、鳴海碧子、、ムウ=ミサ、そして信楽老…全員集合の梁山泊。
ここで、最後の決戦が行われる。

信楽老に裏切られた碧子のセリフ
この手で信楽老を倒すためだったら 天使とだって手を組むわ

梁山泊の地下でサキと神の邂逅

サキ
もう離れないよ 神
あたしには倒さなきゃならない敵がいる
もし めざす相手が同じなら あたしは一緒に戦える



ここまで来たんだな おまえはひとりで…
共に戦い進む相手として 出会う日が
こんなに早く来るとは思わなかった


しかし、ここに一発の銃声と共に神は倒れる。
撃ったのは設楽老だった!!
瀕死の神にサキが言う。

あんたの命…あたしにあずからせてくれる?
あたし…もう二度と離れたくない
これからはずっと一緒に歩きたい



ことわる…
(涙を流すサキに)

プロポーズは男からするものだ
サキ…私の花嫁になるか…

(また涙を流すサキ)

バカ 泣くな

おれの命まかせ…

(失神)

サキ「神!!

そして、信楽老に向き直ったサキの怒りのセリフ

笑わせるんじゃねぇ!
あたしが愛した人はあたしが守る!
命を粗末にするつもりはねぇが
頭をさげる相手がてめえじゃ
あずかった神の命が泣くぜ!
殺るなら殺れ
ただし二人分の命 ただもっていけると思うなよ!!


しかし、その信楽老を捕らえたのは、碧子。
その碧子は、やはり信楽老にやられてしまい死の間際にサキとの会話。

碧子
サキ…認めてね
組織の力を使わず ひとりでやったのよ


不思議ね 麗己の敵であるあなたに初めて会った時…
やはり憎みあう敵だと思いながら
一生を通じての友達になる予感も…あったのよ


サキ
わかってる
麗己も あたしも そしてあんたも
生きる道がそれぞれちがっていただけなんだ
出会うためには戦うしかなかった
あたしたちはわかりあうために
ぎりぎりの線で戦ってるのかもしれない


そして微笑みながら逝く碧子。
サキは泣く。(ツグミはどうなる…)
そこに来た母親に対してももう、以前のサキではない。
Read more "やっとラストだ~!「スケバン刑事」"
[や・ら・わ行のマンガ家]和田慎二 | Comments(6) | Trackback(0)

もひとつ…「スケバン刑事」

2005年12月07日
前回はコチラ

梁山泊
それは、第七高等少年院の別名である。第七高等少年院は、1、2、3号棟に分かれており、数十キロ離れた独立した建物だが、3つをあわせて「梁山泊」の異名を取る。
サキは中央連合総番長の多聞寺忍を救い出すべく、単身乗り込む。
1号棟では、砂漠を耕し、ライトの照る中で生活する過酷な収容生活。
が、2号棟は、見渡す限りの樹海の中に建てられた建物。脱出は不可能と言いながら、サキが入所したとたん脱出したものがいる??
しかし、逃げたかに見えた彼女は樹海の中で、アマゾン産の巨大な大蛇に骨ごと砕かれ食べられていたのだ!!
あろうことか、変態院長は、それをカメラで撮影してストックしていたのだ。
蛇は一匹ではなく、娯楽室の床下に、うようよと何匹も何匹も蠢いていた!!
しかし、それだけで驚いてはいけない。
もっと凄まじいのが、3号棟!!
グランドキャニオンのような岩棚の中の、裂け目の中に作られた難攻不落の収容所!!(これが日本か??)
この院長は、2号棟の院長よりもはるかに変態であった。
彼女の趣味は、なんと「骨の標本」集めなのだった。
反抗的な収容者などを、逆さ釣りの刑にした後、腐り果てるまで、戸外に放置。そのあと濃硫酸で、死体を溶かし、骨のコレクションに加えるのだ!
凄まじいでしょ?
でも、何よりも圧巻は、「ミミズ」ですね!!
みみずって、人間をも食い殺すのかしら?怖いわ~(笑)
「ミミズ」と「濃硫酸にやられてなおしつこく立ち上がる院長」この2つが、梁山泊の醍醐味ですね!!

さて、物語は「神恭一郎の帰還」へと…。
私は案外この、サキの女らしい面を見るのが好きではなく…。最初から「女」として扱う「ムウ・ミサ」も好きじゃなかった。今思うと結構魅力的ですなぁ(笑)
ここでの名セリフはモチロン、ムウ=ミサの
見えない目で奴は撃った
撃たれるかもしれないのにサキは叫んだ
なんという男だ
なんという女だ!
なんという絆だ!
これが奴らの…愛か!!

ロサンゼルスでの、ハリウッド映画並みのアクションが印象的でありましたね♪

新たなる戦い
サキの花柄パジャマ姿と、アグラ(本名=綾倉五子)のワンピ姿が印象に残る章でした(笑)
と言うのは冗談で、
久しぶりに鷹ノ羽高校に戻ってみれば、運動部のシゴキが横行している。
そこで、体の弱い男子生徒が標的になり命を落とす。
そのときのサキのセリフ

性根ってのはな
同じ立場にたった時 どれだけがんばれるかを言うんだ
片岡に比べれば てめぇらの根性など
豆腐も同然だ
片岡を死に追いやった罪は
お前の生きがいでつぐなえ!

(ザクッ!!←真剣が剣道部長の手に刺さる音※高校内での出来事)

信楽老人、鳴海碧子との出会い。
そして中央連合総番長の地位を多聞寺忍から引継ぎ、サキはまた新たな戦いへと舞台を移す。
Read more "もひとつ…「スケバン刑事」"
[や・ら・わ行のマンガ家]和田慎二 | Comments(2) | Trackback(0)

しつこく…「スケバン刑事」

2005年12月01日
またまた前回の続きから…。

コミックの8巻で、いちおう「スケバン刑事」は終了しています。
海鎚麗己との死闘の果てに、サキも死んでしまったという事に。
この8巻では、サキ母子の確執の謎が解き明かされ、なぜここまでサキが母親にこうも服従するのか、その壮絶な過去が描かれている。

それは
サキの父親を母親が、サキの目の前で殺してしまうと言うもの。
並みの殺し方じゃないのですけどね。
でも、母親ってこれだけで「死刑」になったんだろうか?量刑は重過ぎないかと言う疑問はあるけど。

それにしても、このサキと母親のヨーヨー対決。もうちょっと見たかったと思うぐらいの迫力。サキ以上の使い手なのである。強い母!!

サキのヨーヨーはかなり重く、常人であれば受け止めるだけで手の骨が砕けると言う壮絶なシロモノ。で、そのショックをやわらげるために、グローブも「ヨーヨー製作担当者」が作ってくれた。薄い鉛版と羊皮が何重にも縫いこまれてると言う手の込みようである。誉めるサキに、「ヨーヨー製作担当者として名誉です」なんて言う。
ま、そのヨーヨーを、サキの母親は軽く使いこなすのですよ。

そして、サキと麗己の直接対決!

麗己
結局 どうしてもやりあわねばならないようね

サキ
そうとも……そうしなければ
お前の策謀で死んでいった人間たちが浮かばれない
そのひとりひとりが
あたしの体にそう叫んでるぜ!


スタッスタッ チャ!(ヨーヨーを構える音)

シャウゥゥ…(麗己のムチの音)

ビ!ビ!(ヨーヨーを飛ばす音)

ルン!ルン!(ヨーヨーが飛ぶ音)

麗己
サキ あたしはあんたを待っていたのかもしれない
あたしは今人生に感謝している
一生に一度会うことがあるかどうかという敵に
めぐり合わせてくれた人生に…


サキ
あたしも心のどこかがそう言ってる
だが…犠牲が大きすぎるぜ!海鎚麗己…
人間として 刑事(でか)として もはやどうしても許せねぇ…
限界まで来ちまった 覚悟しろ!


麗己
今まで悪に後悔したことはない
そしてこれからも!
覚悟するのはお前のほうよ サキ!


そのとき、閃光が光りエノラゲイ号は大爆発を起こし、沈んでいく…。
2人の闘いを飲み込んだのは海であった。

8巻同時収録は
「エピローグ」と「校舎は燃えているか」「ライダーより愛をこめて」


Read more "しつこく…「スケバン刑事」"
[や・ら・わ行のマンガ家]和田慎二 | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。