AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラウンダバウト/渡辺ペコ

2009年02月26日
4088654773ラウンダバウト 2 (2) (クイーンズコミックス)
渡辺 ペコ
集英社 2008-05-19

by G-Tools


「あたしはねえ 心の底から 全国の女性に問いたいよ
 中学時代の『創作ダンス』の経験は
 あなたの人生において 何らかの役にたちましたか?  と」

わはは。確かに!

このマンガは、「このマンガがすごい!2009」のオンナ編7位の作品です。
紹介されていた一コマの絵柄を見て好感が持てたので買ってみました。
内容もゆるゆるっとしたなかに時々ピリッとエッセンスが効いていて、読めば読むほど面白くなるタイプの作品です。ちょうど噛めば噛むほど味が出るスジ肉のように・・(笑)。

主人公の野村真(冒頭のセリフはこの子のもの)と、友だち4~5人を中心に、ごくごく普通の中学生ライフを描いてます。
なにがすごいって、すごくリアルなんですよ。よく特殊な出来事などを「マンガみたいな出来事」って言うけど、この「ラウンダバウト」ならその言葉が全然特殊じゃなく、ほんとのほんとに「隣の中学生」のような、あるいは「確かに自分の中学時代」のような、とっても等身大のリアルな日常が、すっごくゆるゆると描かれています。
特に派手なラブロマンスがあるわけじゃなく・・、特に深い悩みやイジメがあるでなく、スポ根でもなく、とりたててこれ!っていうナニかがあるわけじゃない中学生の実態。
だけど、本当は、当の本人たちは大真面目。その生活の中に確かに、ロマンスがあり悩みがあり喜びや嬉しさがある、全然ドラマティックじゃない日々のそのなかに確かにあるドラマを描いてある・・それなのに、こんなの面白いのがすごいんです。
爆笑するとか、ドキドキハラハラするとかじゃない、けどクスクスと笑えるのがイイ!
そして、その目線がやわらかくてあたたかい。
だからここに登場する子達をとても愛しく感じるし、抱きしめたくなるのです。

主人公の真は「このマンガがすごい!」の解説によると『中2女子の主人公像としては少々風変わり』とあります。確かに。男マンガのファンでその作者のなめた某に恋しておりファンレターやらプレゼント(これがプロテインだったりする)しちゃう。
だけど、どっちかと言うと私も「真側」の中学生だったから(笑)凄く親近感が沸きます。周囲の友だちも取り立ててナンということのない(いい子達だけど)ごくごく普通の子たち。クラスの中でなら特に目立たないおとなしいカンジの・・。そういうのもリアルで面白かったです。

笑える中にも、おじいちゃんやおばあちゃんの話はほろっとさせられるし、また春が来てクラス編成のあの切ないカンジ・・季節は春で暖かく明るい日差し、桜も咲いているし気持ちが良いんだけど、そこにクラス編成という別れと出会いがある、その微妙な切なさとドキドキとがとてもリアルに伝わってきて、、、泣くシーンじゃないんだけど泣けてくるのでした。


今まで、中学生の内面を描いた作品で一番は、もちろんくらもちふさこさんの「おしゃべり階段」。と「海の天辺」。
と、いくえみ陵さんの「ベイビー・ブルー」だったんですが、この作品もその中に入りますね。


余談ですが「創作ダンス」。
中学生の永遠のテーマが「恋愛」「部活」「受験」ならば、「創作ダンス」は永遠の「裏テーマ」とでも言いますか。今でもやってるんですね、的な驚きもあり、ウチらの頃とはその音楽やダンスの形も全然違うだろう驚き、いやはや、真じゃないけど一体なぜに日本の中学生は創作ダンスを必修せねばならないのか・・・これは日本だけの現象なのか、本当に謎です。
ちなみに、岩館真理子さんの「きみは3丁目の月」という名作があるんですが、この中で主人公のルツが創作ダンスを真剣にやっていて、影から見ている男子が「いやはや、はいっていけない世界だぜ」と、呟くシーンがあります。創作ダンスを取り込んで笑わせてくれる作品の筆頭に上げておきます(笑)。
いくえみ陵さんの「ベイビー・ブルー」にも主人公たちの会話に「今日の体育、なに?」「創作ダーンス!」「うげ~~!」というシーンがあるし・・・普遍のテーマですよね、創作ダンス(笑)。



4088654331ラウンダバウト 1 (1) (クイーンズコミックス)
渡辺 ペコ
集英社 2007-10-19

by G-Tools

4088655141ラウンダバウト 3 (3) (クイーンズコミックス)
渡辺 ペコ
集英社 2008-12-19

by G-Tools

4796667172このマンガがすごい! 2009
『このマンガがすごい!』編集部
宝島社 2008-12-05

by G-Tools

スポンサーサイト
[や・ら・わ行のマンガ家]渡辺ペコ | Comments(2) | Trackback(0)

ヒカルの碁/小畑健・ほったゆみ

2009年02月24日
ヒカルの碁 (17) (ジャンプ・コミックス)
ヒカルの碁 (17) (ジャンプ・コミックス)ほった ゆみ

集英社 2002-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヒカルの碁 (16) (ジャンプ・コミックス) ヒカルの碁 (18) (ジャンプ・コミックス) ヒカルの碁 (15) (ジャンプ・コミックス) ヒカルの碁 (19) (ジャンプ・コミックス) ヒカルの碁 (14) (ジャンプ・コミックス)


囲碁のことなど何も知らない小学6年生の進藤ヒカルが、平安の天才棋士、藤原佐為のユーレイ?に取り付かれたことから、囲碁をはじめ段々とその腕を上達させていく話。
・・・・・・と、書くとなんともチンケでストーリー解説にもなってないですが・・・。
もうつとに有名な物語なので、改めて解説する必要もないですよね。
何も知らない0の地点から、碁の腕前をメキメキ上げていくヒカルの成長振りにともかくワクワクさせられるのと、佐為はじめ碁打ちたちの碁に対する熱い思いに心揺さぶられる感動作品となっています。
ちょっとしたスポ根よりもスポ根らしい展開は、やっぱりマンガ読みの胸を打ちます。
碁と言うとても地味でマイナーで、知らない人間には勝ち負けさえ分からないほど難しくとっつきにくい盤上ゲームを、ここまでスピーディに、そして盛り上がらせて囲碁を理解しなくてもノープロブレムで読めるように描いた手腕は見事と言うほかありません。
そして、碁を世に広めた歴史的マンガと言えるのではないでしょうか?

個人的にはなんといっても佐為が好きです。
神の一手を次に引き継ぐ為にこの世に存在したのなら、それは余りにも運命に翻弄された可哀想な佐為。自分では碁が打てずに寂しそうに佇むシーンが何度も出てきますが、その姿が哀れで切なくて、涙を誘います。
マンガとしては文句なく面白く(終わり方はちょっと中途半端なようですが、どこかで線引きは必要でしょうから)大好きなのですが、佐為のことを思うと「もうちょっと何とかならなかったのだろうか?」と、作品の「神」である作者たちに文句を言いたいですね。
だけど、こう言う展開だったからこそ心に残るマンガになったと言うのも事実ですが。
ともかく、15巻17巻は涙なくして読めません。
思い出しただけでも涙が出るマンガの中に、間違いなく入るでしょう!

佐為の次にすきなのは、、、
コミックでは人気投票など何回かやってますよね。
わたしの中では、2番目は中学の先輩、加賀くんです。ワイルドでワルなカンジがすきなの(^^)。
塔矢アキラも好きです。

絵がきれいで段々と上手くなっていて見応えありますよね。
おしまいのほうには、ちょっと「デスノート」を髣髴とさせる絵柄になっていきます。
「デスノート」よりもやっぱり私は「ヒカ碁」が好きです!

このマンガを読んだのはちょうど6年ほど前、長女が中学生の頃に、当時の同級生に借りてきてもらったのでした。一度読んだとは言え、前々から「一度一気に読み返してみたいなぁ」と思っていました。
マンガ本の貸し借りをするお仲間のブラッドさんがお持ちと聞いて、是非貸して下さいとお願いしました。念願の一気読み、大変うれしく堪能しました。ありがとうございました、ブラッドさん(^^)。

今、ちょうど完全版が出ています。
これ、欲しいですね・・・。買っちゃおうかな(笑)。

4087822060ヒカルの碁 1 完全版 (1)
小畑 健
集英社 2009-02

by G-Tools

4087822079ヒカルの碁 2 完全版 (2)
小畑 健
集英社 2009-02

by G-Tools

4797671882ヒカルの囲碁入門
小畑健
集英社 2009-02-05

by G-Tools


[あ行のマンガ家]小畑健 | Comments(6) | Trackback(0)

カテゴリー折りたたみました

2009年02月07日
カテゴリーの整理をして、漫画家さんの名前を増やしました。
これをやると、サイドバーばっかり長くなるのですよね。。。
他のブロガーさんはどうやっておられるのかと、覗いてみたら
ある方は、あ行の漫画家・か行の漫画家とか、
頭文字でリストにしておられたりして、頭いいなぁ・・・。
整理も楽だし見た目もすっきり。
でも、ここまでやったからウチはこれで仕方がないや。
こんな調子でヨロシクお願いします(^^ゞ


追記

カテゴリー、コメント、その他のサイドバーコンテンツ、折りたたみにしました。
クリックして開いて下さいね。ヨロシクお願いします
[その他]もろもろ | Comments(2) | Trackback(0)

G戦場ヘヴンズドア/日本橋 ヨヲコ

2009年02月06日
409188301XG戦場ヘヴンズドア 1 (1) (IKKI COMICS)
日本橋 ヨヲコ
小学館 2003-03

by G-Tools


バクマン。」「ビアティチュード」と2本、漫画家の漫画が続いたので、これもご紹介します。
ネッ友のブラッドさんにお借りした漫画。
読んだとき、なんか感想を書けなくてそのままお返ししてしまったので、詳しいことは書けないのが申し訳ないんですが、是非ともこの機会にご紹介したいのです。
漫画家の父親を持つ(かなり反感を持っている)町蔵と、編集者の父親を持つ鉄男がかなり苦しみながらも漫画家への道を歩いていくと言う話で、ドロドロで熱くて濃い内容になっています。
最初はちょっと入り込めなかったように記憶していますが、最後のほうは仲間との信頼関係や共同作業の場面で涙なくしては読めない展開でした。
ご都合主義のサクセスストーリーじゃなくほろ苦い部分も多々あって・・。
でも、そのなかにも爽やかな達成感みたいなものを感じた感動作。
ちょっと過激な描写もあって、決して万人向けとは言えないかもしれないけど。
少女ファイト」も、なかなかですが、こっちもかなりのオススメです。
たった3巻なのに、すっごく深くて濃い。
ちょっと疲れるんですけどね。
でも、オススメ。

ブラッドさん、ありがとうございました。

4091883028G戦場ヘヴンズドア 2 (2) (IKKI COMICS)
日本橋 ヨヲコ
小学館 2003-03

by G-Tools

4091883036G戦場ヘヴンズドア 3 (3) (IKKI COMICS)
日本橋 ヨヲコ
小学館 2003-09-30

by G-Tools

[な行のマンガ家]日本橋ヨヲコ | Comments(2) | Trackback(0)

ビアティチュードBEATITUDE/やまだないと

2009年02月05日
4063727351ビアティチュードBEATITUDE 1 (1) (モーニングKC)
やまだ ないと
講談社 2008-10

by G-Tools


2009年最初の私の「イチオシ」作品は、これ!!

前回に書いた記事「バクマン。」も「漫画家漫画」って言う感じで、漫画家を目指す少年たちを描いた物語ですが、今回ご紹介する「ビアティチュード」も、そういうジャンルかと思います。


プロを目指すと言うよりは、この登場人物たちはほぼ、プロたち。漫画家の卵たちです。
舞台が昭和30年はじめの「トキオ荘」で、主人公が「花森ショータロー」で、東北・石巻から出てきてて、(病気の姉がいる)その友だちが「クボヅカフジヲ」で・・・・と言うと、誰しも「ピン!」と来る通り、これはやまだないと版、「トキワ荘」物語なのでしょう。


伝説のトキワ荘については、手塚太先生はじめ、石ノ森章太郎先生、赤塚富士夫先生、藤子不二雄A先生などなど、多数の著書があるので(私は未読なんですけども・・汗・・・これを機に読んでみようかと思います。いやほんとに。)言うまでもなく、このあまりにも有名なテーマに取り組んだやまだないとさん、チャレンジャーだなぁと思うし、またこの漫画を読んでみてしみじみと、やまださん、良い漫画を書くなぁとも思うのです。


もちろん、トキワ荘⇒トキオ荘、石ノ森⇒花森と言う風にちょっと変えてあって、それは後書きで著者が語ってるように「モデルは大先生たちだけど物語はフィクション」と言うこと。
フィクションだろうと思うけど、でも、あちこちとてもリアルで実際の大先生たちもこんな感じだったんだろうなって思われます。
みんなが寄り合うことでお互いを刺激して切磋琢磨しながら「漫画たるもの、かくあるべき」みたいな独自の「哲学」「信念」を構築していったんだろうなぁ・・と。熱い語りや気持ちに、今はもうなくなった何かが当時の漫画家たちに確かにあったのでは・・と。今の漫画家さんたちが足りないとかそんなことを言うつもりはないんですけど・・、時代として失われてしまったものがそこにあったというか。


特にショータローが病弱な姉との間でする手紙のやり取りなどは、ノスタルジーを刺激されて泣けてしまいますね。便利になって日本の隅々まで「近く」なってしまった今の時代からは、想像はできないような切なさや寂しさ物悲しさ・・それいじょうに思いやりがあるような気がします。
気になるのはもちろん主人公の花森ショータローですが、感情を内に溜め込んでしまうフジヲくんに目が行ってしまいます。本とはアノヒトが好きなのに言えないのね・・・、漫画を描きたいけどうまく描けないのね・・・という、もろく危うい雰囲気に、オバサンの母性本能が刺激されるのですよね(笑)。

連載中と言うことで、今後が期待される作品。
是非とも。自信持ってオススメできると思います。
と言いつつ、これもあさみさんにお借りしました。ありがとうございました。
[や・ら・わ行のマンガ家]やまだないと | Comments(0) | Trackback(0)

バクマン。/小畑健 大場つぐみ

2009年02月05日
4088746228バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
小畑 健
集英社 2009-01-05

by G-Tools


「デスノート」のコンビによる新作漫画は、漫画家になろうとする二人の少年の夢を描いた物語「バクマン。」設定を聞いただけでもワクワクしますね。
主人公は真城最高(・・さいこう、と書いて「もりたか」。友だちには「サイコー」と呼ばれている)14歳。亡くなった叔父さんが漫画家であったこともあり、絵がうまく過去に何度か絵で賞状をもらっている。将来の夢は「ふつう」という、今時のちょっと冷めた感じのする「ふつう」の子です。
そして、最高のクラスメートの高木秋人(あきと)、学年イチの秀才です。
このふたりがなぜかコンビを組み、漫画家を目指すと言う話。
まだ1巻なので導入部ですね。
最高の叔父さんがどんな漫画家であり、どんな風に恋人を思っていたか、そしてその恋人が今現在どうなっているのかという、ドラマティックな展開も含めながら、そして漫画家と担当の絡みの、裏話的な部分も織り込みつつ物語はアップテンポに進みます。
掴みはオッケー、今後の展開が期待されます!

あさみさんにお借りしました。ありがとうございます。

2巻の感想はこちらです。
[あ行のマンガ家]小畑健 | Comments(2) | Trackback(0)

IS―男でも女でもない性/六花 チヨ

2009年02月05日
IS 14―男でも女でもない性 (14) (講談社コミックスキス)
IS 14―男でも女でもない性 (14) (講談社コミックスキス)六花 チヨ

講談社 2008-11-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
IS 13―男でも女でもない性 (13) (講談社コミックスキス) IS 12―男でも女でもない性 (12) (講談社コミックスキス) IS 11―男でも女でもない性 (11) (講談社コミックスキス) IS 10―男でも女でもない性 (10) (講談社コミックスキス) IS―男でも女でもない性 (6) (講談社コミックスKiss (599巻))


今回は9~14巻まで読みました。
お互いのことを大切にしたいハルと伊吹ですが、周囲はますます悪意をぶつけてきて、悲しい思いをたくさんしなくっちゃなりません。見ているだけで切ないです。
そんな中でもやっぱり人に対する思いやりをわすれず、自分の気持ちにまっすぐなハルや伊吹、そして友だち・・・みんなの気持ちが温かくて強くて、読んでいるだけでウルウルと来てしまいます。
この物語を読むだけで「インターセックス」に対して理解ができるのかと言うと、正直それは分かりません。この記事を前回書いたときに、世間の認識が偏っているように感じるという内容のコメントをいただきましたし。。(下部コメント欄参照して下さい)
だけど、この漫画は登場人物たちのつながりを見ただけでもホントに得るものが沢山あると思うのです。性別を越えても、インターセックスであってもなくても、ハルたちの姿に共感や感動を感じると思うのです。
14巻ではいよいよハルたちも社会人。
答えは中々出ませんが、これからも頑張る姿を見ていきたいです。

以前の感想は↓です。


Read more "IS―男でも女でもない性/六花 チヨ"
[や・ら・わ行のマンガ家]六花チヨ | Comments(3) | Trackback(1)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。