AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

狼の口/久慈光久

2010年02月22日
4047263184狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)
エンターブレイン 2010-02-15

by G-Tools


娘の買ってくるマンガはイマイチ読めないマンガが多いのですが、これは読めました。
娘は「思ったよりも好きじゃない」と言っていましたが、逆に私は「結構イケる!」と思います。
歴史モノになるんでしょうね、

14世紀初頭、アルプス地方。イタリアへと通じるザンクト=ゴットハルト峠には、非情な番人が守る関所があった。難攻不落をもって知られるその場所を、人々はこう呼んだ。ヴォルフスムント―――“狼の口”と。フェローズ誌に隔号連載を続けている『狼の口~ヴォルフスムント~』がいよいよ単行本化決定! 圧倒的な作画によって再現される中世人の生活様式や、鎧甲冑、鎖帷子、武器、兵器の数々……。そして、圧政者に立ち向かう市井の人々の身を賭したドラマをダイナミックに描き上げる作劇! 新人離れした超大型新人・久慈光久の、これが単行本第1巻!!

というのがAmazonに書かれている作品紹介文。
娘は割りと残酷モノが嫌いなので、これは受け付けなかったのかもしれません。
反対に私は残酷大好き、ドンと来い・・・みたいな(笑)
いつか、M大学にあるという、拷問博物館・・・いつか行きたいです。。
と、話がそれましたが、まぁその類の残酷なことが描かれている作品です。
ことごとく、読者の希望が裏切られていくと言う徹底振りが、却って小気味良いです。(邪悪な私)
最後に超・有名な人物が登場し、それがどう2巻に続くのか。
楽しみになってしまいました。
でも、ウチの娘は買わないんだろうなぁ(~_~;)

スポンサーサイト
[か行のマンガ家]他 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。