AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

にこたま/渡辺ペコ

2011年02月24日
4063728730にこたま(1) (モーニングKC)
渡辺 ペコ
講談社 2010-01-22

by G-Tools



「交際9年同棲5年の浅野温子と岩城晃平。仕事、結婚、、子作り、アレコレ・・・三十路直前に訪れた最後の思春期、ゆらぐゆらめく第三次性徴白書」
と、裏表紙に書いてあります。

2巻まで読んだところでは、恋人であるあっちゃんの他の人との間に子どもができてしまった晃平を中心に、あっちゃんや、その相手の女性(職場で男子社員に敬遠されているお局的存在?)の心の揺らぎなんかが、渡辺さんらしい、ゆるーーい感じで描かれていて読ませますが・・「ラウンダバウト」みたいなのを期待して読むと、ちょっと重苦しいかな。。
いまんとこ、どうしても晃平に好感が持てないんですよね。
女性目線で見てしまうからね。
そういう晃平を結局許して受け入れてしまうあっちゃんにも納得行かないし。
読んでいてすごくもやもやする物語ですよね、これ。
でもそれが作者の狙いかなとも思う。
じぶんがあっちゃんだったらどうするんだろう?自分が「相手の(高野さん)女性」だったらどうするんだろう?と思ってもなかなか答えなんか出ないし・・・でも、考えさせられて・・結構疲れるマンガですよ(笑)。
でも、2巻の終わりに、あっちゃんの身に降りかかった重大事件。この先が知りたくて・・疲れてしまうけど、次も読むんだろうと思います。


スポンサーサイト
[や・ら・わ行のマンガ家]渡辺ペコ | Comments(0) | Trackback(0)

失恋ショコラティエ/水城せとな

2011年02月24日
4091322603失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
水城 せとな
小学館 2009-01-09

by G-Tools


なんだか話題になっているようなので、買って見ました。新規開拓です(笑)。

主人公の爽太はサエコさんが大好き。でも、自分は付き合ってるつもりだったけどサエコさんは遊びだったようで、振られてしまいます。振られてもやっぱりサエコさんが大好きな爽太は、チョコレート好きなサエコさんのためにフランスに修行に行って、立派な菓子職人になって帰ってきます。
爽太の父親の洋菓子店を継いだ爽太は、それをチョコレート専門店としてオープン。
メディアにも取り上げられ、「チョコレート王子」として一躍ときの人になった爽太の元に、サエコさんが「いい感じ」(爽太に未練がましい感じ)で現れる・・・一瞬舞い上がった爽太。
でも、サエコさんは結婚を控えていたのでした・・。
しかしそれでもやっぱり、爽太の愛はパワーダウンすることなく、突っ走るのです。



面白いです。
でも、結構中身はドロドロしているんですよね。そのドロドロを感じさせないくらいに、話は明るくてコミカル。随所に笑いが散りばめられていて、登場人物たちもいい味です。
とくに、フランスの修行で知り合ったオリヴィエくん。彼は有名なお店の御曹司で、まさしく「王子様」。彼がいるから私はこの話が面白さ倍増していると思いました。

これ、普通の展開だったら、多分爽太とお店の従業員の薫子あたりが恋人になると言う展開かな?と思うんだけど、それが全然予測つかないんですよね。
サエコは人妻になったし、どう考えても爽太とはムリだろう・・と思ったら、そっちの雲行きも怪しいし。
あと、少女マンガにあるまじき関係(笑)の、えれなともこの先分からない。だってやっぱり深い付き合いをすれば情も移るし、何よりもそう言う関係の相手を「恋人」と呼ぶと思うし、周囲もそう認識すると思うしね。それが「身体だけ、と割り切っている」と聞くと、引いてしまうなぁ。古いかな?(^_^;)
恋人として付き合ってるのならいいんだけど。
サエコさんへのあまりにも純情な気持ちとのギャップがいいのかもしれないけど、このマンガを大絶賛するには、そこんところが引っかかってしまう私です。




[ま行のマンガ家]他 | Comments(0) | Trackback(0)

ましろのおと(2巻)

2011年02月03日
ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)
ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)羅川 真里茂

講談社 2010-12-17
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1巻の感想はこちらです。

さて、2巻に入り盛り上がってきました。
ともかくこのマンガの魅力は、紙面から音が聞こえると言うよりも、津軽三味線の迫力が空気を通して伝わってくる感じ。読んでるだけで、空気が震えてるような錯覚を覚えるほどの迫力です。
鳥肌も立つし、涙もわいてくる。
絵面を見ているだけで・・・ですよ。
実際に聞こえないからこその魅力なんだろうと思うけど、やっぱり、どんな演奏なんだろう・・聴いてみたいですね。


さて、高校に入学して雪と関係してくる学校関係の人々も多くなってきて、ちょっとついていけない感じもしてます・・・・一気に人物相関が広がってきましたから。
とりあえず重要人物は↓

前田朱利は、高校内で「津軽三味線愛好会」を発足させるべく、孤軍奮闘中。
雪は、興味もなく他人事だったし、三味線のことを全然知らない人間に、三味線をいじられるのも面白くないという気持ちから、かえって朱利にもつめたい。
でも、実はその朱利が雪とは、雪たちのじっちゃんの即興曲「春暁」を通して、並々ならないご縁があると知ります。朱利のおばあさんは遠い昔、疎開先の秋田で、雪たちのじっちゃんに出会っていたのです。

そして、朱利を好きな幼馴染の海人。
海人を好きらしい、オタク女子の結(ゆい)。

先生もとても個性的。

そして高校の卒業生で、津軽三味線愛好会の発起人である「神木清流」こと緒方洸輔。その世界のプリンス的存在。津軽三味線全国大会A級優勝者。
準優勝者が、その三味線の師匠の息子、田沼総一18歳。妹もいるよ。舞ちゃんです。こちらは青森在住です。

これぐらいメモって置くといいかも・・・(^_^;)。



内容的には、雪の津軽三味線の腕前はまだまだ荒削りで、シチュエーションを選んで演奏するし、完全じゃない。彼が全国制覇を狙う物語なのだろうと思ってるのですが、はたして・・・。
どんどん盛り上がって行きたい所ですね。
次が楽しみです!


[や・ら・わ行のマンガ家]羅川真里茂 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。