AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

埋葬/成毛厚子

2012年07月27日
今回も納涼のホラー漫画、前回と同じ成毛厚子さんの「くつ箱の中から・・・」に収録されている「埋葬」と言う漫画のご紹介をします。

とある町に新築一戸建てを買った主人公。夫は単身赴任です。新築の家に有名私立の小学校に入学したばかりの娘と一緒に、二人で暮らしています。

しかし、引越しが落ち着くと、主婦はなんだか違和感を感じます。

隣近所と付き合いがないし、そもそも、通りに人の姿が見えない。
かといって誰もいないのかというとそんなことはなくて、自治会みたいなものも存在し、観覧版をまわす姿も見える。

子どもの姿も多いけれど、自分の子どもは近所の子達と同じ公立小学校に行っているわけではないので、子どもも近所の子達と打ち解けてない。

要するに、街の中で孤立してしまっているんです。

そんな二人の住む家の前に、あるとき花が供えられているのです。
誰かがここで交通事故死でもしたのかと思った主人公は交番へ行き、問いただすのですが、答えはNO。
ところが、花やお供えはなくなるどころか、見るたびに増えていくのです。
ついには、まるでお葬式の祭壇の前におくような、焼香台や(線香も灯されている)白い花が豪勢にしつらえてある。ただ事じゃありません。
家の中に非難して交番に電話しようとすると、なんと、電話線が切られている!
次の瞬間、家の外から窓に板を打ち付けて、窓を塞がれてしまうのです。
別の窓から見てみれば、喪服姿の大勢の人並みがこの家に押し寄せている。
あとは、家に向かって土をかける音が響くばかり・・・。

タイトルの「埋葬」とは、こういうことか・・・・。

と言う漫画です。

成毛さんのマンガは短くて、この人たちは何がどうしてこういう目に合っているの?っていうのが、よく分からないなりに、不気味なんですよね。

暑いからちょっとでも涼しくなればと思ってご紹介したけど、やっぱり実際にマンガを読むほうが恐ろしさが伝わりますよね(^_^;)

スポンサーサイト
[な行のマンガ家]成毛厚子 | Comments(0) | Trackback(0)

くつ箱の中から・・・/成毛厚子

2012年07月18日
唐突ですが、妹が昔溜め込んだホラーマンガを、納涼的に手にとって見ましたよ。
もちろん以前も読んでるんですけど、こちらにはアップしてないので、ちょっと書いて見ます。
成毛さんと言うマンガ家を私は読んでこなかったけど、少女(レディスになるのかな?)のホラーマンガ家としては、代表的な方なんじゃないでしょうか。
ウチにも数冊ありますが、私的にはイマイチ、ゾクッとしないのですけど(ゴメンナサイ。あんまり怖がりじゃないので・・・)でも、とてもインパクトはある作品が多いように思います。
この「くつ箱の中から・・・」なんて、一度読んだら忘れられない作品でしょう。
4257985674くつ箱の中から (ハロウィン少女コミック館)
成毛 厚子
朝日ソノラマ 1995-06

by G-Tools


内容はですね・・・・

とある夫婦。日常の疲れからお互い苛立っていて、喧嘩別れのように出勤した夫が、突然の失踪。イタリア製のオニューの靴も家に残っていて、いったいどの靴を履いていったのかわからない。忽然と消えてしまった。
残された妻は寂しさを埋めるために、夫の同僚と深い仲に。
娘のエミもその同僚に懐いている。
そのとき、くつ箱の中から声がするのである。ふとくつ箱の中を見ると、そこには男の顔が。
妻にしか見えないその顔は、なんと、夫だった。
失踪したと思っていたら、夫は靴箱に吸い込まれて、2年間閉じ込められていたのだ!
夫は妻と同僚の情事を知り、なじる。
妻は2年ぶりの夫との再会を喜ぶどころか、その嫉妬を持て余し、靴箱にゴキブリよけのくん煙剤(バル○ン・・とかですね)を炊いて、夫の退治をしてしまうと言う・・・。
しかし、今の愛人は今度は、エミのおもちゃ箱に吸い込まれてしまう。
すべてが「大事なものは無くさないように」と言う、エミの仕業だったのだ・・・・。



と言う話です。
くつ箱の中に閉じ込められる!
なんとシュールな。もちろん、シュールでしょうけど(笑)
なんとなく滑稽じゃないですか。
夫が妻によって見つけられてからも(夫の靴をどけたら夫が顔を出したんですよね)ふたりは喧嘩ばっかり。
妻は夫がいなくなって、自分の態度をすごく反省していたはずなのに、いざ、夫と再会しても結局同じ感じで。
挙句の果てにゴキブリ扱いで駆除しようとするなんて。
エゴもすごいけど、ゴキブリ扱いと言う発想がすごくて、なんとも面白いです。
夫は「ここから出してくれ、肩が引っかかって出られない。引っ張り揚げてくれ」って言うんだけど、もしも、引っ張り出していたらどうなるんでしょうかね。
それはそれで怖いですよね。

[な行のマンガ家]成毛厚子 | Comments(0) | Trackback(0)

銀の匙4巻 ほか

2012年07月18日
409159123X銀の匙 Silver Spoon 4 銀のスプーンつき特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
荒川 弘
小学館 2012-07-18

by G-Tools


今回も面白かったですね~~(*^_^*)
なんだかものすごくみんなが楽しそうで、うらやましくなるぐらい。
勇吾がつくった「ベーコン」をめぐって、いろんな取引やモテ期が来たりして大忙し。
もはや勇吾はこの学校の中心的人物になっている気がします。
それにしてもお父さん、怖いですね・・・・(^_^;)。
鋼に登場する軍隊上層部の人みたい・・・(笑)。

私たちは食べないと生きていかれないんですから。
どんな形にしろ、食べると言うことは殺生の上に成り立つ行為なので、食前に手を合わせて「いただきます」と言うことの重みを、この作品は伝えてくれています。

それから校長先生の言葉が沁みましたね~。
逃げてもいいんだよ・・・。
自分を守るためになら、逃げても卑怯でもなんでもない。
今のいじめにあっている子どもたちに聞かせてあげたいと思いました。

次号もさっそく待たれますね(*^_^*)




他にも、最近読んだのは「僕はビートルズ」の最終巻。
タイムスリップで、ビートルズが世に出る前の時代に行ってしまったコピーバンド「ファブ・フォー」の4人。
ビートルズの楽曲を自分たちのもののように発表して、売れっ子になってしまいます。
奇抜な発想のマンガでしたが最後はどうなるんだろうと、気になりました。
普通、タイムスリップしたひとって、だいたい元の時代へ戻りますよね。
でも彼らは・・・。
ビートルズは結局ビートルズであり偉大な音楽家だった・・ということでしょうか。
真似をして、彼らの音楽をさも自分たちのもののような顔をして、売れっ子になっても、所詮は「コピー」でしかない。
それをいやというほど叩きつけられる。

そういえば最近同じような「ビートルズ」「ファブフォー」「解散」のキーワードで連想する小説読んだばかりだったなぁ。ああ、東野圭吾さんの「ナミヤ雑貨店の奇跡」だったわ。

あと読んだのは「バチバチ」15巻。
私は実際でも大相撲は好きだからマンガも楽しく読んでいます。
実際の取り組みなんて、あ・・・・・・・・・・っというまに終わってしまうことが多いんだけど(笑)マンガはさすが、伸ばすね~~。こんな取り組みは見たことないですね(笑)見て見たい!(笑)
今回は主人公鮫島鯉太郎と、白水の序二段優勝を争う大一番。なんと同門対決ですね。私は大相撲のファンだけど大体5時ぐらいから見始めるので、序二段とか幕下はあんまり見ないのですよね。。
激しい戦いの末に、勝ったのは白水。兄弟子の貫禄でしたね。
次はいよいよ阿形と吽形のこれまた同門同士の幕下優勝決定戦。
ひざの怪我でこれ以上もたない吽形。壮絶な一番になりそうです。

「バクマン。」19巻まで
いよいよ20巻でおしまいとなるこの「バクマン。」
「revers リバーシ」のアニメ化とその主役を亜月が獲得できるかどうか、サイコーとの仲が世間にばれて大騒動していますね。
それよりも、やっぱりこのマンガで一番印象的だったのは、新妻エイジだなぁ。
天才肌だけど、奢ったところも、ましてや卑屈なところなんかが微塵もなくて、非常に正々堂々としていて、サイコーたちの作品を一番理解していると言うか。こういうライバルがいると、才能って伸びますよね。
20巻最終回、どうなってるんでしょうか。

「宇宙兄弟」17巻。
もう、ほんと、よかったー(*^_^*)ムッタとヒビトの関係が大好き!!
ムッタがヒビトの悩みに答える場面、例によってボケボケのボケたおしのムッタ(笑)
だけど、最後はぴりりと締める。かっこいいわぁ。ムッタやっぱり大好きですよ。
「宇宙服は俺らの味方だ」
まぁヒビトの試験は始まって、予断を許さない状況ですけどね。なんか意地悪されてるんですよね?
でもこれだってきっと乗り越えてくれるでしょう!

「プリンシバル」4巻
いまいち盛り上がりに欠ける気がします。と思ったら帯にも書いてあるけど、主役が「おいてけぼり」になってるからなのね。ワオとくっつくのかと思ったら、ワオには好きな人がいて、では弦はというと、ハルカと・・・。
ハルカとの泥沼がもっと深くなっていくかと思いきや、それもさらーーっと終わったし。
なんやら、よく分からないですね。

「新クロサギ」13巻
いやはや、「新」になってからも13巻目。
良くぞこれだけいろんな詐欺の種類があると驚くばかりです。
ネタに事欠かない感じですね。
でも、マンネリ感もないしね。すごいマンガです。
これを読んでたら、絶対に詐欺には引っかからないぞ~と思ったりするんだけど、全部をきちんとインプットできない哀しいトリ頭・・・。いざその場面が来たら、とても簡単に騙されてりして。

以上は、あさみさんや娘に借りました。ありがとうです(*^_^*)


僕はビートルズ(10)<完> (モーニング KC)
僕はビートルズ(10)<完> (モーニング KC)かわぐち かいじ 藤井 哲夫

講談社 2012-04-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



バチバチ 15 (少年チャンピオン・コミックス)
バチバチ 15 (少年チャンピオン・コミックス)佐藤 タカヒロ

秋田書店 2012-05-08
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



バクマン。 19 (ジャンプコミックス)
バクマン。 19 (ジャンプコミックス)小畑 健 大場 つぐみ

集英社 2012-06-04
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



宇宙兄弟(17) (モーニング KC)
宇宙兄弟(17) (モーニング KC)小山 宙哉

講談社 2012-03-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



プリンシパル 4 (マーガレットコミックス)
プリンシパル 4 (マーガレットコミックス)いくえみ 綾

集英社 2012-04-13
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



新クロサギ 13 (ビッグ コミックス)
新クロサギ 13 (ビッグ コミックス)黒丸 夏原 武

小学館 2011-12-27
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[あ行のマンガ家]荒川弘 | Comments(0) | Trackback(0)

新しい靴を買わなくちゃ 映画化

2012年07月10日
昨日、「アメイジングスパイダーマン」を見に行ってきました。
そのとき、近日上映作品のチラシをつらつら眺めていたら、チラシの中に「新しい靴を買わなくちゃ」があったのですよ。

公式サイトはこちら


これは、くらもちふさこさんが、北川悦吏子さんとのコラボ作品として、ananに短期連載した作品でしたよね。

私の過去の記事はこちら
(あんまり参考になりませんが・・・・。あんまり好きじゃなかったのかな・・・(^_^;))

主人公のセンが向井理くんで、出会ったミステリアスな人妻アオイがミポリンかな。
桐谷美玲さんと今をときめく綾野剛くん(どんだけ出てるんだ~っていう感じ?「るろうに剣心」にも出てるよね!!)は・・多分主人公二人のれっきとしたパートナー・・かなぁ。(本を持ってないので実はよく分からないのです。スミマセン!!)
ミポリンの彼に綾野君じゃ年齢がちょっと違うけど。

ともかく、お互いにパートナーがいるのに「無断で」二泊三日くらい二人きりで過ごしちゃう話なんですよね。
パートナーに失礼な話ですよね。(笑)


とりあえず、くらもちふさこさん関連のことなので、記事にして見ました。
あんまり参考になることがなくて申し訳ないです。(^_^;)
[その他]映画化アニメ化など | Comments(0) | Trackback(0)

図書館の主/篠原 ウミハル

2012年07月03日
図書館の主 1 (芳文社コミックス)
図書館の主 1 (芳文社コミックス)篠原 ウミハル

芳文社 2011-08-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夜明けの図書館 (ジュールコミックス) 鞄図書館<1> 図書館の主 2 (芳文社コミックス) 永遠図書館(1) (シリウスコミックス) 図書館の主 3 (芳文社コミックス)



「夜明けの図書館」に続いて、もうひとつ「図書館」マンガをご紹介します♪


こちらは、私設の「タチアオイ児童図書館」が舞台。
ある夜会社員の宮本は、飲み会の帰りに悪酔いしてしまい、ふらふらと歩くうち、この児童図書館を見つけ何の気なしに入ってみました。そこには、世にもぶっきらぼうで態度のデカい図書館員の、御子柴と言うきのこアタマの男がいて、宮本に「酒臭い」「酔っ払いは来るな」だのの暴言を吐きます。
思わず宮本は声を荒げその図書館員と喧嘩になりそうに!「(後に分かるのですが、この宮本さん、とっても温厚なんですよ。こんな風に怒る場面なんてないんですよ。それぐらい腹がたったと言うか、御子柴の態度が過ぎたと言うか笑)
御子柴に向かって「児童書なんて」と馬鹿にした発言をします。
すると、御子柴は
「子供向けの本だからといって馬鹿にするなんておかしい。この図書館にあるすべての本を読んだわけではないだろう?読んだことがない本を馬鹿にするなんて愚の骨頂」と大激怒。
激怒しながらもなぜか宮本に、本の片付けの手伝いをさせます。
そのとき宮本が手にした本が、新美南吉の童話集。
中を見てみるとそこには「うた時計」と言う物語が載っていました。
宮本はその物語を読み、自分の体験と重ね合わせて、今まで連絡していなかった父親に連絡することにしたのです。
御子柴は自分にわざとこの本を与えたのではないかと疑う宮本に、御子柴は言うのです。
「お前が本を選ぶんじゃない、本がお前を選ぶんだ」と・・・・。
まるで、本当に新美南吉の物語を読んでいるような、少しだけ不思議で心の奥がじわっとあったかくなるような、そんな物語でした。


物語は、このタチアオイ児童図書館を舞台に、御子柴、板谷夏夜ちゃんと、神田みずほちゃん、そこに常連となった宮本さんを加えて展開していきます。
前回感想を揚げた「夜明けの図書館」は図書館で働く主人公がレファランスを受けながら、司書として働き成長する姿が描かれましたが、この「図書館の主」は、ともかく本が好き!という気持ちが全編にあふれていて、本好きにはあちこちで、胸をぐっと掴まれるあれやこれやがてんこ盛り。
とある子どもがスチーブンソンの「宝島」を読むことで、つまらないいじめをやめて、本を通じていじめていた相手と友達になったり・・・・。本の役割として非常に正しい姿が描かれていて(笑)スカッとするのです。
そして、本を読むことで、わくわくするような気持ちが伝わってきて、たまらないです(*^_^*)
「面白すぎて読み終わるのがもったいない」と言う子供に、御子柴は言うのです。
「安心しろ。読み終えたらまた新しい本を借りたらいい。ここにはこんなにたくさんの本がお前を待っている」
私たちも「読み終わるの、もったいない!」と思うほど夢中になる本に時々出会います。
次にそんな本を読んだときはこの言葉を思い出しそうです(*^_^*)
見かけはぶっきらぼうで陰気だけど、誰よりも児童書を理解して知っている、この御子柴がだんだんカッコよく見えてくるのですよね~~~(笑)。
ちょっと「金魚屋古書店」の斯波さんを彷彿とします。タイプは全然違うけどね(笑)

宮本さんとみずほちゃんの、中学生以下の恋愛の進展も気になるし(笑)カヨちゃんの背景にも言及しつつ、なぞのオーナー小手川、そして2巻のおしまいに登場した御子柴の妹(3巻では御子柴の家族関係、過去が明らかに???)・・・それぞれの人間関係も描きつつ、児童書に対する愛をいっぱいに感じる物語です。

漫画だけど、本好きさんにオススメの一冊!(現在3巻まで出ています)


[さ行のマンガ家]他 | Comments(0) | Trackback(0)

夜明けの図書館/埜納 タオ

2012年07月03日
4575334626夜明けの図書館 (ジュールコミックス)
埜納 タオ
双葉社 2011-10-17

by G-Tools


むずかしい苗字のマンガ家さんですが「ののう」さんと読むそうです。

主人公は、葵ひな子25歳。
3年間の就職浪人を経て、この、暁月市立図書館の司書として採用され、働き始めたばかりの新米職員。
司書として、ひとつの重要な仕事に「レファレンス・サービス」があります。
来館者のさまざまな疑問、調べ物について適格なアドバイスをする仕事です。
この作品は、新人司書ひな子が、レファレンスを通して、司書としても人間としても成長しながら、他の図書館員たちとも次第に仲良くなっていく物語です。

司書・・・・本読みさんの中でいったいどれほどの人があこがれているでしょうか?司書と言うお仕事に。
本が好きな人なら、誰もが一度は「図書館で働いてみたいな」と言う気持ちを持ってるんじゃないでしょうかね。
図書館に行くと、いつも目にする職員さんたち、でも、その実「見えない」部分のお仕事も多いはずで、それがどんな仕事なのかは、実際に働いてみないとイマイチ分かりませんよね。
特にレファレンスなんて、たいていが一対一のとても個人的なものだし。また依頼そのものにも個性があるし。いわば百種百様のレファレンスがあるのですよね。
このマンガでは、そんなレファレンスという仕事が、ひな子の姿を通してとてもよく分かります。


第一話の「記憶の街・わたしの街」では、昔子どものころ、この土地に住んでいたおじいさんが、当時の「とある郵便局」の写真を探しています。
ひな子はまだまだ慣れない自分の仕事にかぶさってきたその依頼に、うまく対処できません。
同じ職場の大野さんは、レファレンスをどっちかと言うと馬鹿にしていて、非協力的。
とても難しい依頼でしたが、ひな子たちは、調べていくうちに自分も一緒に学べる・・と言うところに「やりがい」を感じているので、すがすがしい元気をもらえる気がします。


第二話は50歳の主婦が、あるとき自分の父親が書いた手紙を発見。
草書で書かれた手紙なので、読みにくいのです。で、主婦はそれを読めるように・・・と、草書に詳しい本を借りにきたのです。が。よく読むとなんだか、父親が誰かよその人に書いたラブレターのようで、主婦は父親にあきれ返って手紙の解読を放り出してしまうのですが・・・。
求められた資料を探し出すまでが自分たちの仕事だから、それ以上のことは抱え込むなと言う大野さんに対して、今回の件ではきっとまだ本当の答えが待っていると信じて、レファレンスを続けるひな子。
探し出した答えは父親が娘を思う大きな愛情でした。


第三話は、小学生の男の子が「光る影」について訊いて来ます。自分の影が光っているのを見たんだと。でも、友達には信じてもらえず、うそつき呼ばわり。自分の言っていることを証明したいと言うのです。
担当は、レファレンスを苦手・・というか、馬鹿にしている大野さん。
大野さんは、ちょうど自分の仕事について悶々としているときにこの依頼に当たり、ひな子も交えて一生懸命答えを探すうちに、いつの間にか自分の仕事への「自信」みたいなものを一緒に見つけると言う・・。
このお話が私は一番好きですね。(*^_^*)


第四話は暁月市に伝わる都市伝説の話。図書館の前にあるあかつき橋は、「満月の夜に橋の上で振り返ってはならない。振り返ればあなたの大事な人が消えてしまう」と言う言い伝えがあるそうなのです。
依頼者は彼氏と連絡が取れなくなったのを、橋の上で満月の夜に振り返ってしまったことが原因では?と思っているのです。怪談めいたその話を、ひな子たちはなんとか覆そうと、一生懸命にいろんな文献をあたります。
そして見つけた答えは・・・?
この図書館では、恒例の「怪談会」って言うのを催しているようで、ちゃっかりこのレファランスを利用するんですが、冒頭であんなに冷たくて杓子定規な大野さんが、このラストシーンでは・・・(笑)。

ひな子はみんなと打ち解けて、大野さんもだんだんと図書館仕事が好きになってきて(元々整理や補修仕事はピカイチ!)心がほっこりするような気持ちになりました(*^_^*)

わが町の図書館にも、いろんなドラマがあるんだろうな。
そんな風に、大好きで大事な図書館に思いを馳せつつ・・・オススメします♪

ムクさんにお借りしました。ありがとうございました(*^_^*)
[な行のマンガ家]他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。