AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

I love her /いくえみ綾

2006年02月13日
I love her (1)
いくえみ 綾
4086181932


学校教師と生徒の恋愛シリーズ第3段はこちら!

第1弾…純情クレイジーフルーツ
第2弾…海の天辺
第4弾…君は僕の太陽だ


いくえみ綾さんの「I love her」です。
別マ 1992年12月号から1994年7月号まで連載。

主人公の三賀花、両親の離婚によって引越し、転校をすることに。
引越し先のアパートの隣室に挨拶に行ったとき、その相手の若い男が花の目の前でぶっ倒れる!救急車で運ばれたその男は夕方には、無事に帰り花の家でずうずうしくもスキヤキを一緒に食べることになった。
翌日、転校先の高校に初登校して見れば、なんと担任はアパートの隣の、例の男だったのだ!!

と言うところから始まりまして、
結局「となり」という「特別」な関係がそのまま恋愛感情に発展。
でも先生は「みんなの先生」であり、特にこの先生、名前は新藤央人(しんどうひろと)でみんなから「しんちゃん」と呼ばれているのだけど、若くてカッコよくって友達の延長のようなアニキのような先生で、もてないわけがなく、全女生徒の憧れみたいな…。

その「みんなの」先生とどのように距離を縮めていくかが胸キュンの展開なんです!!

花には強力なライバルがいて、これが結構同姓に嫌われる典型のようなタイプの西脇艶香。最初は艶香は単なるライバルなんだけど、彼女と奇妙な連帯感により友情が芽生えたり。

でもやっぱり、このマンガは読者をときめかせる!
しんちゃんとの成り行きもそうなんだけど、元カレが花に会いにきたところなんかも結構ツボ!ああ、いいなぁ、青春だなぁ!!(笑)

だけどね、やっぱり、しんちゃんですよ!
嵐の夜から、4巻のラスト女子トイレの場面から5巻冒頭の掃除道具入れ、そして、「ごほうび」のドライブ、しんちゃんの気持ち…。
あの辺の…あー、何度読んでもにやける~~!
って感じ。
いいよねぇこういうの、女の子なら誰でも憧れるんじゃないかな~。
いくえみさんは好きな作品たーくさんあるけど、これはトップ3に入ります。
オススメよん。


I love her (2)
いくえみ 綾
4086181940

I love her (3)
いくえみ 綾
4086181959

I LOVE HER [少年向け:コミックセット]
いくえみ綾
B00006LP48


ひとつ、ショックなのは今読み返したら…
花のお母さんよりも、わたしのほうが年が上だよ。
花がちょうど、うちの長女(第二子)の年なんですもん。
花ママ…若くて綺麗でかわいい…。ちょっとガックリ…(爆)。
スポンサーサイト
[あ行のマンガ家]いくえみ陵 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。