AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ピアノの森(11)/一色まこと

2006年01月30日
ピアノの森 11 (11)
一色 まこと
4063724832


11巻を読みました。
カイを探している3人。
佐賀武士、司馬高太郎、そしてその生徒である便所姫!こと丸山誉子!!
この誉子、腱鞘炎で苦しんでいます。
先生である司馬も気付いてない。
それを佐賀に指摘されるわけなのだけど、コンクールで上位に残った誉子が、いま、腱鞘炎のためにピアノを休むと言うことができるのかどうか、司馬がそれをどう勧めるのか…。
そんなときに、カイが見つかる!!
3人は無事にカイに会えるのか??


という展開ですが、今回はカイよりも誉子のお話でしたね。
腱鞘炎で苦しむ誉子に、司馬先生がやらせたのは、小さい子どもたちにピアノを教えること。代理なんだけど。このシーンはよかったー。子どもたちのパワーが誉子に元気を与えるんです。
そして、腱鞘炎にたいする気持ちも、前向きに治そうという気持ちになっていく。印象的なエピソードだった!

そして、久しぶりのカイの勇士!!
素敵だった~。
月光…。

「天上の弦」では同じくベートーベンの「ロマンス」だったし、今回は「月光」ということで、妙なリンクも感じた(笑)さきごろ、手塚治虫先生の「ルードウィヒ・B」読んだばかりだし。

ベートーベンのピアノソナタ「月光」はこのページに♪


これも、続きが待たれます♪

10巻の感想は↓


ピアノの森 10 (10)
一色 まこと
4063724492


読めば読むほど引きこまれる魅力あるストーリー。
音楽への愛情があふれていて、読むだけで音楽が聴こえてきそう。
とにも、かくにも主人公の海!
この子がすっごくカワイイ!!
「ジャイアン」みたいないじめっ子にいくら苛められても負けない。でも母親の悪口を言われると一気にテンションがあがるのがまた、カワイイ!
正規に音楽をやってないのに天才的な腕を発揮する所なんかゾクゾクするのだ!
この海のおかげで周りがみんな音楽に対して真正面から向き合う事になる。
本人が無意識にそう仕向けちゃうのだ。
絶望を味わった海の音楽教師が海を通して音楽への情熱を取り戻すところなんか、感動的。
ピアノから気持ちが逃げていた女の子も海のおかげで自信を持ったり。
海の成長を見ながらも、周りの「変化」も、見過ごしにできない。
この海の影響力ってば・・。
海の環境が劣悪であればあるだけ、人の気持ちや愛情もひしひしと伝わってくる。
第2部とも言うべき、5年後の海もすばらしいです。
まさか、あんな風になっているとは。
意表を突かれた!(笑)
今後もすごく展開の気になる漫画ですね!
音楽のある漫画って本当に前向きな気持ちにさせてくれる。
エナジーを感じます!!

このたび、ファンが待ちに待った10巻登場。

ネタばれにつき反転してください。↓
すれた生活しているのかと思ったら意外にも
純なカイ…愛しい…(笑)
冴子の誤解を解くために、ピアノの森へ連れて行き
おもちゃのピアノを引くシーンはジンときた!

一方「マリア」にご執心な佐賀武士。
ストーカーかってほどに消えたマリアを探しまくる様子が
もう蛇のようにしつこくて不気味(笑)
彼にサーチに思わぬ獲物が掛かった。
それは阿字野壮介!!
かれが大学内で教えていたのは…カイだったのだ!
目指すは一年後…

続きがまたまた気になります~!!!

ネッ友のあさみさんにお借りしました。ありがとうです!
スポンサーサイト
[あ行のマンガ家]一色まこと | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
りっちーさん、いらっしゃいませ♪
来てくれてありがとう~!
あちこちで、コメントしてね^^
ピアノの森、りっちーさんも読んでるのねん♪
やっぱ、カイみたいな息子だったら
とか思わん??(笑)
ずっごく久しぶりに、10巻だけポンと読んだのに
全然色あせてなくって、ちゃんと覚えてて
というか、記憶がよみがえったよ。
すごいマンガだー!

>教育上よろしくない

(笑)それよそれ。
でも、高校くらいになるといいけどね。
読ませたいのに、断念したのは「おーい竜馬」だよ~~(笑)
私も好きだよ!
こんにちは!!
すごく見やすくなったねー!!
今どきのマンガから懐かしいマンガまで揃ってて、あちこちでコメントしたくなるわ!!

私もこのマンガも大好き!!よいよね!!
最近10巻をお借りして読んだところよ!
ずっとレビュー書きたいと思いつつ、うまくまとまらなくて放置してたのよー
ぜひ子どもに読ませたいなと思うマンガなんだけど、時々教育上よろしくないシーンがあるのが痛いわあ(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。