AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

1ポンドの福音/高橋留美子

2006年03月01日
40915110151ポンドの福音 (Vol.1)
高橋 留美子
小学館 1989-07

by G-Tools


高橋留美子つながりで「専務の犬」に続いてこちらをご紹介します。

食いしん坊の探偵が「喰いタン」ならば、こちらは「喰いク」とでも言いましょうか。減量が大事な仕事のひとつでありながら食べて食べて、そして失敗してしまうボクサーの物語です。
ロード中にも食べる、試合前も食べる、隠れて食べる、ともかく、ついついいつも食べてしまう男、畑中耕作。
食べてしまって後悔にさいなまれて、協会に懺悔に行く…とは、建前で、その協会にいるシスター・アンジェラが目当てなんです。
この二人の高橋さんらしい、じれった~~~~い関係と、耕作は本気になれば強いので、そのボクサー振りと、耕作をこころから心配しては愛想を尽かしてる向田ジムの会長との人間模様が見応えあります。
シスター・アンジェラの職業柄のストイックなところと、「めぞん一刻」の管理人さんとちょっと似ていて、二人の進展を読者は、にやけながら見守る感じですが、なかなか進展がないままに3巻で連載が止まってますよね。
続きはもう出ないのかな?
是非とも読みたいですね!

1ポンドの福音 (Vol.2)1ポンドの福音 (Vol.2)
高橋 留美子

by G-Tools

1ポンドの福音 (Vol.3)1ポンドの福音 (Vol.3)
高橋 留美子

by G-Tools
スポンサーサイト
[た行のマンガ家]高橋留美子 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
うふ♪
いいですよね~~~。チャランポランな主人公。わたしも好きです♪
くままにもお気に召してよかったです♪
TBありがとうございました。こっちからは出来ません。なぜだー。
ごめんなさい!!(>_<)
今回はほんとに、結構渾身のおすすめが詰まってたと思うので、感想が楽しみなんですが、こう書いちゃうと負担?(笑)
でも、ごゆっくり、楽しんでください♪
減量は辛い
おもしろかったですよ。ありがとうございました。なんか、ああいう、チャランポランなキャラって、癒されます。いろんな対戦相手が、皆、個性的で、おもしろかったです。レストラン、マツザカのステーキ、食べに行きたい!



管理者のみに表示
Trackback
shortさんからお借りした1ポンドの福音(高橋留美子作)を読みました。畑中耕作は、ボクサー。ジムの会長は、彼の才能を買ってはいるものの、いつも、減量に失敗しては、失望させられている。畑中は、減量の最中に、こっそり買い食いしては、近くの教会に懺悔に行く。お...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。