AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

闇のパープル・アイ/篠原千絵

2006年11月02日
闇のパープル・アイ (1)
闇のパープル・アイ (1)篠原 千絵

小学館 1995-02
売り上げランキング : 126983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
闇のパープル・アイ (2) 闇のパープル・アイ (4) 闇のパープル・アイ (5) 闇のパープル・アイ (6) 闇のパープル・アイ (7)



「天は赤い河のほとり」や「海の影月の闇」の篠原千絵さんの、もうひとつの代表作品。わたしはずっと前に「高松市、松島分館」に置いてあったのを読みました。今回、サポーター(?)それともスポンサー??の妹が買ってきたのを久しぶりに読みましたが、非常に面白かったです!!


主人公の倫子、あるとき腕に不思議なあざを見つけます。そしてピンチになるとそのあざが熱を持ち、目が紫になり、金色のヒョウに変身するんです。暴漢にレイプされそうになって初めてその能力と言うか体質が明らかになるんですが、レイプしそうになった男たちを殺したり…。
その倫子の秘密を学校の生物教師の曽根原が狙っている。実は曽根原の父親は、動物に変身する人間の研究をして学会から異端視された挙句に、狂人となってしまったのだ。娘の曽根原は父親の意思をついで、動物に変身する人間の研究のため生体実験をしようと思っているのです。
倫子の恋人(まだ清い関係!)の慎ちゃんは、倫子の正体を知りながらなおも愛しぬきます。
やっとの思いで曽根原から逃れても、今度は謎の男小田切貢につかまる。かれもまた、紫の目を持つ男…変身して黒ヒョウとなる体質の男で、彼は倫子を同じ種族のパートナーとして欲っする。そして無理やり小田切に妊娠させられた倫子。傷つく倫子だったが、そんな倫子を慎ちゃんは生涯のパートナーとして選ぶ。お腹の子どもの父親になる決意で。
生まれた娘、麻衣にも曽根原の情け容赦ない魔の手が伸びる。
しかし、倫子は命をかけて愛する娘を守り抜くのだった…。
第二部では、死んだはずの曽根原が生きていて、倫子の娘の麻衣を狙ってくるのです。麻衣は自分の特殊な能力(スポーツが図抜けてできる、とか)に疑問が湧いていたことを父親に追求してゆきます。父親とはもちろん、慎也。そして、ついには自分が父親とは血のつながりがないことを知り、恋心を慎也にぶつけてゆくのだが、慎也ってば…15年経ってもまだ、瑞々しく倫子を愛しているのです、というか、倫子に「恋しつづけて」いるのです。憎いよね!(笑)
その倫子。なきがらが上がらなかったこと、そして一緒に海に沈んだはずの曽根原が生きていたことから、慎也も麻衣も、倫子が生きていると言う思いが頭から離れない。はたして倫子は生きているのか?
なぞの青年暁夫は敵なのか味方なのか?
見所いっぱい大興奮の「闇のパープルアイ」オススメです!!

個人的には、麻衣にも変身して欲しかったなぁ。
しかし、変身せずに能力を出せるからこそ、体力の消耗がなく短命種ではないということなんでしょうな。多分。
でも、変身できるなんてカッコいいもんね。
たとえば「寄生獣」のミギー、強くなったシンイチ、けんかに強い空条丞太郎とスタープラチナ、東方じょうすけ(字が分からん)と彼のスタント(スタンとの名前もわからん)みたいに、自分も強くなったり守ってくれる強いのがそばにいたり…って憧れるなぁ。別に命狙われてるわけではないけど。
そう言う意味でもこの漫画は乙女心を惹かれるのですが。
でも、感動的なのは、お互いを思いやる気持ち。
これがなければね。強くっても意味がないよ。
倫子と慎也、そして二人と麻衣。暁夫も。そして小田切も。
特に麻衣と倫子の再会シーンとそこから、倫子が慎也と共に麻衣たちのために犠牲となって命を落とすまでは泣ける泣ける!
感動的ですよ~。

で、辛いこともあったけども、麻衣と暁夫のふたりだけはこの先幸せになれるよね?なって欲しいよね?というラストがいい!

それにしても、曽根原って言うのが怖い存在でよかった!!
敵は強く、どこまでも憎たらしくないと盛り上がらないからね。
ああいう完璧な悪役って好きです♪
(父親のことは気の毒だけどね)

篠原千絵さんの「天は赤い河のほとり」の感想はこちらです。こちらもオススメ!!文庫出ましたね♪
4091917518天は赤い河のほとり〔文庫〕 1
篠原 千絵
小学館 2006-10-14

by G-Tools

4091917526天は赤い河のほとり〔文庫〕 2
篠原 千絵
小学館 2006-10-14

by G-Tools

スポンサーサイト
[さ行のマンガ家]篠原千絵 | Comments(7) | Trackback(0)
Comment
Re: はじめまして
大変お返事が遅れて申し訳ないです(^_^;)
コメントありがとうございました。パープルアイさん。
作品への思い入れが伝わります。
私のつたない感想に、強力な補助をしていただき、嬉しいです。
本当にありがとうございましたヽ(^o^)丿
はじめまして
猫科てセクシーで美しいですよね!平凡で少し可愛いヒロインが少女漫画のお約束?の中、倫子の魔性にゾクゾクとしました!美人で色気があって、篠原さんまたこんなヒロイン描いてほしいです。
慎ちゃんは大人になればなるほど私は同情するようになりました。少女漫画のヒーローは一途にヒロインを愛するが鉄則です。どんな状況でも。例えばプレイボーイがヒロインに一途になるとか少女漫画のお約束ですよね。読者の愛されたい願望を満たす為にもヒーローを一途にしないといけません。
気の毒な慎ちゃんは普通の男の子ゆえに尚更、一途に愛し抜く事でヒーローになりえたのです。
大人になった私は慎ちゃんが倫子以外の女性を愛したり、再婚するのは全然いいと思ってます。普通、恋敵の男の子供を見返り求めず育てるなんて無理ですよね。しかし、作者は新展開の為に夢見る少女読者は愛し合う者が結ばれてほしいという願望の為に慎ちゃんに残酷な人生を歩ませました。
慎ちゃんあなたは本当に幸せだったの?て今でも問いたい気分です。
ごめんなさい。私はやりたい放題だった小田切を年齢と共に好きではなくなりました。彼は正直言って男として慎ちゃんより勝ってますね。倫子の純潔を奪って子孫を遺せたんですもの。本当に慎ちゃんの人生は何だったの?て思います。
そして殆どの少女読者は2人の男性の人生をろくに考えず愛されたヒロイン倫子に心酔する。この図は本当に少女漫画そのものです。
慎ちゃんの人生を考えると一気に酔いが醒めた思いです。
でも闇パ今でも好きです。恋愛を主軸にしながらスケールの大きい篠原さんらしいストーリーに今でも惹かれます。
長くなってすみません。そしてごめんなさい。小田切さんにも理無い事情があるんですよね。彼の犯罪は許せないけど、この人も違う人生送れたらよかったねて思います。
お邪魔しました。ご自愛されて下さい。
Re: No title
六猫合体キャットマーズさん、コメントありがとうございます。
倫子ちゃんがお気に入りですね(*^_^*)
綺麗でかわいくて強い女性。そんな感じがします。。。素敵な女性ですよね!
ロングヘアーはキレイ
篠原先生よ、次回作で倫子みたいな長い髪の女性を登場させてくれー。
No title
倫子はやっぱりキレイだよ。
同じ篠原作品で、霧の森ホテルに出てくる日高鞠子という女性も倫子にそっくりだよ。
篠原先生よ、これからも倫子みたいな髪の長い女性を登場させてくれー。
高さん♪
コメントありがとうです!
すごくドラマチックな物語で展開もスピーディでもたつきというものが全然なくて、すばらしかったです!
はい、「天河」と同じくらい面白いと思いました♪
慎ちゃんはたしかに、ちょっと物足りなかったかな?たしかに最初は不良ですが(笑)
やっぱ、強い男に守られたい気持ちがね…満足させて貰えなかったかな(笑)
わたしも暁夫と小田切が好きです♪ヒョウになる彼氏、カッコいいじゃないですかぁ~~。
リュウになるハクみたいにですね。変身はいいですよ!
>「月の影 海の闇」ではなく「海の闇、月の影」
わわわ、すみません!ご指摘ありがとうございます。直しておきますね!
shortさん、こんばんは。
某所で盛り上がっていると思っていたら、こちらにも感想がupされていて嬉しいです~♪
これってとにかく格好いいお話でしたね。出てくる登場人物たちも、ストーリー展開も、有無を言わせぬ勢いがあったような気がします。
個人的には慎也より小田切さんや暁生が好きでした。今も昔も「慎ちゃん」には優男ふうな印象を持っていていまひとつだったのですが、以前読み返したら最初は不良っぽかったりしてビックリしたのを覚えています。単なる優等生タイプじゃなかったのね(^^;
「天河」も面白いですよね。どちらも大好きです。
そうそう、「月の影 海の闇」ではなく「海の闇、月の影」です。僭越ながら。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。