AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブルー・ロージス―自選作品集/山岸 凉子

2007年06月08日
4168110508ブルー・ロージス―自選作品集
山岸 凉子
文芸春秋 1999-11

by G-Tools


文庫版の自選作品集です。
収録作品は↓です。

●パエトーン
●星の素白き花束の
●化野の…
●ブルー・ロージス
●銀壺・金鎖
●学園のムフフフ

●パエトーン
チェリノブイリ原発が爆発して史上最悪の事故となりましたが、当時広瀬隆氏の「危険な話」というのが一世を風靡しました。この本に感銘を受けたおりょーさまが絵解きという方法で反原発を語る一作。

●星の素白き花束の
絶世の美少女である母違いの妹を引き取った主人公の、戸惑いと苛立ち、そして妹と父親の衝撃の真実。

●化野の…
ある女性、歩いても歩いても中々家に帰れない、道中に出会った色んな不思議はいったい何を意味するのか…。

●ブルー・ロージス
自分が傷つく事を恐れて男性を正面から見られない女性、それをブルー・ロージスという。自分に自信がない主人公は、初めて出来た彼氏に誉めてもらう事で自信が出来て性格も明るくなるのだけれど…。

●銀壺・金鎖
画家とその妻がいた。画家は美しい妻と一緒になるために家族を捨てた。その妻もまた娘と夫を捨てて画家のもとへ来た。今画家が死にその妻も死に、二人の娘が、ふたりの元の家族の子供たちを呼び寄せる。それぞれが画家とその妻、そして自分の半生を振り返る。

●学園のムフフフ
クラスの注目を集めるしとやか美人の正体は!





今回初めて読んだのは「ブルー・ロージス」です。
イラスト画家の主人公、黎子(たみこ)は29年間彼氏のない生活。そろそろ本気で彼氏が欲しいと思っていたところに現れたのが、2歳年下の編集者、中嶋和久。カッコよくて一目で気に入った黎子ですが、和久もまた黎子が気に入ったようで、ふたりはすぐに恋人関係に。
しばらくは甘い時間が続きますが、やがて和久には妊娠までしている恋人がいる事がわかります。打ちのめされる黎子ですが、いつかはきちんと立ち直る事ができるのです。皮肉な事に、その立ち直るための自信をくれたのは和久だったのです。

これは、何気なく口にしている言葉が相手を呪縛したり、傷つけたりしていると言う事が根底に描かれています。そもそも、黎子はすごく自分に自信がないのです。それは幼いころから「何をやってもダメ」とか「妹を見てご覧、もっと上手だよ」などといわれ続けてきたので、それが「何事にも自信がない」性格を作り上げてきたと。
でも、和久と知り合い、ちょっとしたお料理も「美味しい!」と言ってくれたり「可愛い」と誉めてくれたり。それが黎子を明るく前向きな性格にしてゆく。
実家の法事に行くくだりがあるのだけど、ここで妹に「結婚するかも」と打ち明けると妹は何気なく「でも、姉さんの事だからすぐに離婚するかもね」と言うのです。これを「言ってはいけない言葉」と思わないこの妹、こう言う人はどこにでもいるし、また自分の中にもそんな部分があるかも。
自分の価値観のなかで苦労なく生きてきた人間は、価値観が違えば傷つく言葉も違うのだと言う事すら分からない…と、おりょーサマは言います。
山岸作品、不倫モノは多いけど中々こんな風に気持ちよい終わり方をするのはありません。この主人公は皮肉だけれど、和久からもらった自信があるから「また人を愛せると思う」と前向きな気持ちになります。
自分に自信を持つ事ができれば、自分を愛せる。そして自分を本当に愛する事ができる者が、他人を心から愛せるのだと。
そこにきちんとトラウマを払拭して立ち直ろうとする「人の強さ」が見えて深い感動を覚えます。

もの凄く印象に残るマンガ「星の素白き花束の」は、その登場人物の描き方が鋭い!
主人公は、ふりふりぴらぴらのドレスを着ているお姫様を書くのが専門のイラスト画家、聡子。一人暮らしです。そこに母違いの妹、夏夜(かや)がやってきます。父親は20年まえに聡子とその母親を捨て、夏夜の母親の元に行ってしまったのです。その父親が死んだのでまだ中学生の夏夜を聡子が引き取る事になりました。

この夏夜のキャラクターがすごい!なんか本当にいそうなんです、いや、本とは「こんなヤツいねーよ」っていう感じですが、おリョー様にかかるとあまりにもリアルに生き生きと描かれているので、本当にいるような気分になってくるのです。
節目がちに、斜めにこっちを見てくる視線。
まともに正面から目を見て喋らない。
彼女と話が通じないじれったさや気色の悪い感じ、聡子の抱く違和感がこっちにすごくリアルに伝わってきます。シャワーを浴びなさいといってやっても、浴びずに脱衣所で座り込んで雑誌なんか読んでる。どうしたのかと聞くと「水が冷たい。どうやったらお湯が出るのか分からない」と言うのです。分からなければ聞けば良いし、雑誌が読みたいなら脱衣所で読まなくても良いでしょう。彼女はこのように、ことごとく「ズレてる」のです。そのズレが気持ち悪い物語です。
やたら男に媚び、やたら男の視線を浴び、男の前では聡子に見せない笑顔や愛想を見せる夏夜に、次第にイライラを募らせる聡子。
特に、お客さんにコーヒーを入れるためにおしゃれをしてコーヒーが冷めてもかまわなかったり、聡子の手料理が嫌いで殆ど食べないのに、インスタントやレトルトや甘いお菓子は人一倍食べたり。
こんな子がうちに来て一緒に暮らし始めたら、こっちの神経が参ってしまうよね。

物語のオチとしては、夏夜は父親から性的虐待を受けていたと言う事。しかし、本人にはその行為が「虐待」とは思われず、自慢である。聡子は「してもらえなかったのね」と哀れむほどで。

夏夜は結局、聡子のイラスト集の装丁をする深町さんに引き取られていきます。引っ掻き回された挙句、聡子の憧れの人を取られた形。
深町氏は装丁も降りました。でも、ほっとした聡子なのでした。
そして聡子のイラストはレースの美少女から、ショートカットの中性的な少女のものに変わりましたとさ。

驢馬の皮、という童話が元になったお話しです。
スポンサーサイト
[や・ら・わ行のマンガ家]山岸凉子 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
>つるさん 、再びありがとうございます。
「なれのはて」はブログ名です。ハンドルは「short」です。今後ともよろしくお願いいたします(*^_^*)

「瑠璃の爪」「銀壺」が似ていると思うのは、ふたつとも回想で成り立ってる話だからです。一人の人物を思うのも、人によっては印象が全然違うということが描かれていると思うので。

山岸せんせ、短編の名手ですよね。いま、自分の家にあるコミックのリスト(タイトルとその中の収録作品名)を作っているところですが、かなり大変ですねー。めげそう。めげるかもしれませんが、もしも作ったら「あの作品はどのコミックに入っていたかな?」と言うときに役立つのでは?と思いますが、きっと何処かにもそういうリストアップされてるサイトはあるのでしょうねえ(^^ゞ


ところで、くらもちさんの件、つるさんもくらもちさんがお好きなのですか?
わたしは、この世の漫画家で誰が一番好き?と訊かれたら、一人には絞れないのですが、「くらもちふさこ」「岩館真理子」「手塚治虫」の3人をまよわず挙げます。
ファン歴も30年とか、30年以上とか。長いですよ♪
古い記事にコメント、もちろん歓迎します♪よかったらまたお話させてくださいね~(^O^)/

あ…ッ。。。shortさんだったんですね…失礼しました、「なれのはて」さんと結びつかなくて。。の前にものすごく注意不足で。スミマセン、スミマセン。

>話の作り方が似ているように思えるのですよ。内容は全然違うんですが

ア。この見解新鮮。そう思ったことなくて。ちょっと考えてみたい観点です。

>おりょー作品はタイトルがすごく凝っていて、ちょっとタイトルと中身が一致しないのですよね

コレ、私は山岸さんのはちょっとわかるんですよ。。変な言い方ですね。
タイトルを見ると内容を思い出せるんです、かなり。内容からタイトルはちょっと難しいんですが。まるでダメなのは大島さんの作品。こちらはタイトルから内容、も内容からタイトル、もどちらも難しいです。
おふたりともとても短編の多い方々、そして「タイトルが変わってる」方々、という印象です。
PCをいじり始めた4年程前、山岸さんについての確かヤフーのトピを楽しく眺めていたら、出てくるタイトル出てくるタイトル殆ど皆「あの話」と思い出せる自分が自分でコワかった、私そんなに山岸さん好きだったとは自分で知りませんでした。。。

あっ、「蛭子」は「笛吹き童子」に収録されてたんですね、コメント読んで話はわかったけどタイトルなんだっけ、と捜そうとしたけどどれに収録されてるかわからず、捜しているうちに思い出したのでした(働けよ~)。
神話からでしたね。。あの神話、「水子」を想起させますよね…ちゃんとした(神話的に)カップルからじゃないとちゃんとした子供が産まれない感じがしてちょっと怖い神話だ。。

マニアックな余談ですが、諸星大二郎の「マッドメンシリーズ」に、パプアニューギニアの創世神話が出てくるんですけど、そっくりなんですよ、日本の創世神話と。
カウナギ(♂)とナミテ(♀)という始祖のはじめの子供はものすごくなんでも「食う」子供だったのです。このままでは自分達も食われてしまうと恐ろしくなった二人は子供を密林に捨てる。とか、山岸さんのでは「千引きの石」なんかに出てくるんですが、黄泉比羅坂(よもつひらさか)を逃げるイザナギが、三つのものを投げて妖怪(黄泉醜女・よもつしこめ)から逃げる、たぶん昔話の「三枚のおふだ」のモトになったと思われる神話と似た話、があるのです。カウナギとナミテが一緒に逃げるのですがやはり三つのものを投げてやり過ごす。この三種類も似てるんです、たしか(ウロ)。『呪的逃走』というらしいです…オモロ~~

私が聡子に感じるキモチワルサは自分の好みとも関連があると思います、女性が好むといわれる「甘いもの」「レースやフリルやリボン」「ぬいぐるみ」などが苦手なんです、私。
もっとキモチワルイのは山岸さんの描き方…私は聡子に「女っぽさ」「色気」というものを感じない。夏夜には余計にあるものですよね。そして山岸さんは女の色気(を通り越して「凄み」)を描くのが巧いと思うのですが、聡子にはそれが感じられない。。そう描いてある事態がすごく怖い…山岸さん、恐るべし…ぶるぶるぶるぶる

ここに書くのは場違いなのですがくらもちさんについての記事が多くて嬉しい。どこに書いたら良いのかわからなくなって退散してきたのですが、というかだいぶ前の記事にも書き込みして良いですか??

長々スミマセン(とどこにも書いては結局長々書くのでした、私。え~ん)。
つるさん、こんにちは。ようこそいらっしゃいました。トミーさんのところやtooru_itouさんのところで、いつもコメントを興味深く拝見しています。こちらにもお越しいただき嬉しいです。ありがとうございます!

まず、「銀壺・金鎖」の件。ご指摘ありがとうございます。わたしのミスです。何をやってるんでしょう。なんとなくこの二つ(瑠璃の爪)混同してしまうのです。話の作り方が似ているように思えるのですよ。内容は全然違うんですが。後で直しておきますね。
おりょー作品はタイトルがすごく凝っていて、ちょっとタイトルと中身が一致しないのですよね。「蛭子」ありがとうございます。たしかにたしかに!これもタイトルと中身の一致が難しいです。蛭子は神話から来ているタイトルですね。「笛吹き童子」に収録されていました。タイトルが分からないので探しようがなかったんです(^^ゞ

さて、件の「白き・・・」これもタイトルが覚えきれないのですが・・・。
つるさんは聡子も好きじゃないのですね。「ひと一人養うのは大変だ」と、友達に釘を刺されてます。その辺をいかにも安易に考えてる辺り、そう言われれば思慮浅はかと言うか想像力が足りないと言うか?物事を気楽に良いほうにしか考えないタイプなのかもしれません。結局それが今回あだになったので、本人も「子供だった」と自省しています。今まで聡子の性格には全然疑問を持たずにいたものですから、つるさんのご指摘がもの凄く新鮮でした。

またいらしてください。お待ちしています(*^_^*)


はじめまして!
トミー。さんのところから飛んできました。「トーマ」についてはトミー。さんのところに唸るほど書いてるところなので(まだ書くのか!)こちらにお邪魔しました。

『ブルーロージス』をよく覚えていなかったので読み返してみたいと捜したら見当たらない!…もっとよく捜してみます、覚えはあるので持っているはず…

ところでトミー。さんへのレスに書かれている「これの男の子バージョン」というのは『蛭子』ですね。
『星の真白き~』も印象的なお話ですね。夏夜は気味の悪い少女だったけど私は実は少し聡子も怖い。義妹を引き取ることにした、と最初友人に言った時に言われた「あなたは夢見がち(?こんな感じの言葉)だから」というセリフに集約される部分なんですが。
私自身がバランスの悪い人間なので非難するつもりじゃないのですが単に生理的に苦手なタイプ。自立していて家事もきちんとこなし、対外的にも問題ない人に見えますが、内側に妙に未発達な少女性を秘めているタイプ。私は「少女性」どころか幼稚なところがあるくらいなのでほんっとに人のこと言えたもんじゃないんですが、架空の人物としてそれが山岸さんの手で描かれると空恐ろしい印象がありました。個人的には夏夜の薄気味悪さに匹敵するくらい。恐ろしや、山岸凉子…


はじめてお訪ねしていきなりアレですが…『銀壷・金鎖』のところに書かれているストーリー、『瑠璃の爪』のストーリーだと思います、私が持っている本では。
『銀壷・金鎖』の内容は、画家と、彼がこよなく愛しモデルにしていた美しい妻が亡くなり、愛されて幸せに育ったふたりの娘と、ふたりのそれぞれのもとの家族の娘と息子が会って話をする、という内容。画家とその妻は、ふたりで暮らすためにどちらも自分の家族を捨ててきた。置き去りにされ苦しんだ娘と、夫に去られ苦しんだ母親を見て育った息子。のお話でした。
こんにちはートミーさん!
おリョー様さすが!と唸らされる作品ですよね。これとよく似た、男の子バージョンがありましょう。今タイトルが思い出せないのだけど、合鍵を勝手に作って入ってくる中学生の男の子の話。チェーンをかけていても、手首が異様に柔らかくってはずしてしまうんです。あの主人公は、多分ノイローゼになってしまうと思いました。それだったらこの聡子は「ラッキー」と言えますね。しかし、夏夜を連れて行った男は同考えても犯罪モノですよね。
>描く絵は変わった
それを書くのをわたし、忘れていましたわ。肝心なのに。あとで付け足しておきますね!(^_^;)
生きてる方が。
 これ持ってます。「星の素白き花束の」は気味悪かった。お凉様得意の心霊物より怖いかも。生きてる人間の方が怖いって? でも夏夜が割合早くに男に連れられて出て行ったのだから良かった。ずっと家にいられたらエンドレスでいらいらしなきゃならないよね。聡子の描く絵は変わったけれど、一応聡子にはハッピーエンドだったのでしょうか。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。