AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ナルミさん愛してるその他の短篇/山川 直人

2007年08月30日
4757735022ナルミさん愛してるその他の短篇
山川 直人
エンターブレイン 2007-04-25

by G-Tools


「おねえちゃん」
「コートと青空」
「ふたりぐらし」
という3篇の短編が最初にありまして、タイトルの「ナルミさん愛してる」という短編全35話からなる物語がメインの本です。
山川直人さんと言う漫画家はお初でした。
版画風のちょっと可愛い絵柄の、ちょっと癖はあるけれどやさしい絵柄のマンガを描かれます。
でも、やさしいのは絵柄だけではなく物語り自体がやさしいです。
「ナルミさん」では、主人公はナルミさんを愛している、ぬいぐるみの「ドミノ」の視点で物語が進みます。
ドミノの目に映るナルミさんはとっても清楚でマジメで、きちんとした女性。たかがぬいぐるみのドミノをとっても大事にしてくれて、そして何かというと語りかけて、本当のペットか友達のように接しています。
ナルミさんの何気ない日常が淡々と描かれている、それだけと言えばそれだけ。でも、それを読んでいるだけで心がほっこりするのです。
ドミノがどれだけ深くナルミさんを愛しているか・・・
それが本当にわかってくるのは、最後の方なんですが、そのときには・・・泣けます!

あとがきには著者山川さんのコメントが。
これがまたジーンとするコメント。

ドミノも山川さんもナルミさんにぞっこん。
こんな女性がいて欲しい、理想の女性と言うわけですかね(^^)。
でも、ナルミさんはこっちが「ちょっと見習った方が良いかも」と、おなじ女性として素直に思わせられる、素敵な女性でした。
スポンサーサイト
[や・ら・わ行のマンガ家]他 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
「物言えぬ者たちの無償の愛」まさにそれなんです~!!
無償と言うか、やっぱりドミノはナルミさんが好きでそばにいられるだけで嬉しいのですから、その小さいからだの大きな愛情にうるるんっと。
ちょっと待っててね~、送りますから!
ラストをあれこれ想像しては、朝からウルウルきてます(苦笑)。ぬいぐるみとか動物とか、物言えぬ者たちの無償の愛って、泣かされますよね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。