AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

万福児/下吉田 本郷

2007年09月19日
万福児
万福児下吉田 本郷

集英社 2006-05-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
万福児 2 (2) 万福児 3 (3) (クイーンズコミックス) サムライカアサン (クイーンズコミックス―コーラス) サムライカアサン 2 (2) サムライカアサン 3 (3) (クイーンズコミックス)



ちょっと不気味だけど、汚くはない。可愛くないけど、味がある。いやらしい笑顔だけど、憎めない。触りたくないけど、ずっと見ていたい、おおむねキモいのに時々ミョーにキュート・・・とっても不思議な脱力系幼児キャラ、福志ちゃん(ちゃん付けが似合わん!)が大活躍のナンセンスギャグマンガ登場!

ペンタッチがサッパリ系でくどくどしくないので読みやすいにしても、これが少女マンガ誌連載って言うのがまずビックリ。最初青年誌系の雑誌連載だと信じて疑わなかったもん。「コーラス連載」の文字見てびっくりしましたよ。我が目を疑った!なぬ??と。いつの間にコーラスはこのようなマンガを連載する事になっていたんだぁ~!!ま、確かにペンタッチ的には「少女系」なんでしょうけど。言われてみればそこはかとなく上品で、少年系にありがちな下品さはない。たとえウンコを扱っていても。そこんとこは少女マンガとしての気概みたいなのがあって好感が持てますね。(何様じゃ)

福志くんは幼稚園児ですが、万福寺の息子。真っ当でモラリストのお父ちゃんと、かなり羽目がはずれているお母ちゃんとの3人暮らしです。(近所に仙人のように暮らしている身内あり)
福志の奇想天外な行動も面白いけど、クレヨンしんちゃんに見るミサエのような母ではなく、この福志の母文子さんは福志に輪をかけたような奇想天外な発想の持ち主で、この福志と文子と言う二人のコンビネーションが強烈で絶妙!!素晴らしいです。(ビックリんこ、とか、ハゲメット、とか、足の指のまた洗い器←もっとそれなりの名前が欲しい所だけど、とか笑える!)

なんと、公式ウェブサイトがあるのですよ。
興味のあるひとは是非とも見てね。

「万福児」公式サイトはこちら
「福志成長日記(管理人は文子さん?)」はこちら

スポンサーサイト
[さ行のマンガ家]他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。