AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

僕と彼女のXXX/森永あい

2008年02月08日
僕と彼女のXXX(4) ブレイドコミックス
僕と彼女のXXX(4) ブレイドコミックス森永 あい

マッグガーデン 2007-02-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
僕と彼女の××× 3 (3) (BLADE COMICS) 僕と彼女の××× 2 (2) 僕と彼女の××× 1 (1) 極楽青春ホッケー部 7 (7) (講談社コミックスフレンド B) 極楽青春ホッケー部 6 (6) (講談社コミックスフレンド B)


ネッ友さんのくままさまにお借りしました。
以前「山田太郎ものがたり」もお借りしたのです。
山田太郎・・もかなり笑えましたが、この「僕と彼女」も大笑い!
さすが森永さん、ツボを心得てらっしゃると言う感じです。

主人公の上原あきらは見た目はかなりのイケメンですが、性格が地味でおとなしい男子。いつも親友の千本木にサポートしてもらっています。
その上原くんが密かに思いを寄せるのが、超・美少女の桃井菜々子。
しかし、この桃井さん、見た目とは違い、ものすごくものすごくものすごーーーーーーーーーーく!!乱暴な性格だったのです。
菜々子の性格を知る人たちは、いくら菜々子が可愛くても、ぜーーーーーーーったいに惚れたりなんてしません。自分の身に危険が及ぶから。しかし、それでもめげずに健気に思い続けるのが、ただ一人上原だったのです。
ひょんなことから、この上原と桃井さん、体が入れ替わってしまいます。そう、上原は憧れの桃井さんの肉体を手にいれたということです。
しかし、だからと言って自分が桃井さんと恋人になる訳ではなく、却ってもどかしい様々な現象や事態に悩まされる事になります。
そこがこのマンガの面白いところ!!
上原とて男ですから、桃井さんになってしまってからは鏡を見るだけで、大好きな桃井さんを見つめていられるし、また着替えやトイレやお風呂、と言う「最高のチャンス」がそここにあるわけです。
桃井さん以外のことも、たとえば学校での更衣や、女子同士の体を触りあったりする「戯れ」などなど。。。
ウレシさのあまり鼻血を出したり(森永さんは鼻血が好きですねぇ)倒れこんだり、倒錯の喜びに打ち震える上原くんの様子がおかしくておかしくて!!
かたや上原くんの肉体を手に入れた(と言うのか)桃井さんは、もしも自分が男になったら…という想像(妄想)を現実にすべく、ありとあらゆることをやってしまいます。なんたって中身は桃井さんなんだもん。なーんでもありなんです。上原君にはできなかったこともドンドンガンガンやっていくのです。
さて二人が入れ替わってしまい、周囲は違和感はないのか?
桃井さんが女の子らしく、女の子以上に女の子らしくなり…
そして上原くんは男の中の男のような逞しい男子になったのです。(妹なんかも僕のように傅かせています)一体何の不都合が???(笑)
上原(中身は桃井)には、桃井さんの親友の椎名さんと言う恋人も出来るし、桃井さん(中身は上原)は千本木に言い寄られるし、メイド喫茶ネタ、ちょっとBLネタ、シスコンネタなどなど、森永氏お得意のあんなのやこんなのをてんこ盛りにした、とーってもオカシイ笑えるコメディです!!


ところでところで、
わたしの幼きころ読んだ初めての、男女の入れ替わりモノというと、なんと言うてもアレでしょう、アレ!!
弓月光の「わらってゆるして」!!
あれも相当面白く、インパクトがあったなぁ。
いかんせん、何十年も前に一度か二度読んだっきりなので、詳しいことまで覚えてないんだけど。
最後は信じられない事に二人とも手術に失敗して・・・。
何博士だったっけ、あの人の最後のセリフがタイトルの「わらってゆるして」だったような。
許せるか~!!ッちゅう話ですが、コメディとラストのすごさのギャップに唖然とさせられましたよ。
あ~もう一度読みたくなったわぁ(笑)


スポンサーサイト
[ま行のマンガ家]森永あい | Comments(3) | Trackback(1)
Comment
この作品は読んでいないのですが…
弓月光さんの男女入れ替わり(正確には入れ替わりじゃないけど)、わたしは何と言っても“ボクの初体験”です!
内容の面白さは元より、絵が大好きでした
弓月さんの描く女の子は、独特の髪型してますよね
…なんて、弓月さんの話ばかりしてすみません!

実は、男女の性格が入れ替わる内容の、忘れられない漫画があります

主人公は双子の男女で、“みつる”“みちる”という名前です
どちらも文句無しの美男美女なんだけど、男であるみつるは気が弱くて女々しく、女のみちるは乱暴で雄々しい…という、逆だったら良かったのにねー、な設定

それを見ていた悪戯ものの天使(♂)が、二人の性格を入れ替えてしまうんです

それを知った天使の上司である女神に、元に戻すよう言われ、天使は人間界にやって来ます
…あれ、主人公は天使の方だったかな?

結局、入れ替わった事でモテモテになって、それぞれ相応しい恋人を得た双子は、そのままで良い…ということになるのでした

天使の名前はルゼンエ(エンゼルの逆読み)でした

肝心なタイトルと、作者名が分からないんです…わたしが10歳くらいに読んだから…昭和50年頃の作品なんですが
ご存知ないですか?

最後まで本文に関係無い内容、失礼しましたm(_ _)m
おねいさまへの御礼を書くのをド忘れしてしまいました。ごめんなさい。そして、ありがとうございました。
4巻はまだ読んでいません。お待ちしています。ずうずうしくも(^^ゞ
おじーちゃんも、椎名さんのおにーちゃんも。。(笑)
上手い漫画家は脇役の作り方がお上手ですよね!
ストーリーは、他愛もないけど、それでいて結構おもしろく、とにかく森永さんの絵が好きです。4巻までお読みになったのでしょうか?
イケメンと美女の合間に、とんでもないキャラ(おじいちゃん)がいるのが、また、絶妙でした。

管理者のみに表示
Trackback
男女が入れ替わっちゃう!! とにかく笑えるこの作品!! 検索ふえてきました!! 2巻~4巻のあらすじを!! まずは前回レビューをこちら...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。