AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ダーリンは外国人 with BABY/小栗左多里&トニー・ラズロ

2008年05月06日
ダーリンは外国人 with BABY
ダーリンは外国人 with BABY小栗左多里&トニー・ラズロ

メディアファクトリー 2008-03-12
売り上げランキング : 352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プチ修行 (幻冬舎文庫 お 28-1) 30点かあさん2 ダーリンは外国人(2) トルコで私も考えた 21世紀編 (クイーンズコミックス) ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。


ダーリン夫婦(って変な言い方ですが)についに赤ちゃんが生まれます。
妊娠中から、赤ちゃんが1歳になるまでの育児日記。
ふたりが赤ちゃんを迎えて、いろんな戸惑いやパニックなどを経て、心から慈しむ気持ちになるまでがいつものとおり面白くあったかいカンジで描かれてて、笑いながらも時々胸がじーん!
また、自分の子育て期を思い出して(はるか遠い昔ですが)そんなことあったあった!と、懐かしい気分にもなりました。
特にね、赤ちゃんってかわいいからずっと眺めてしまうんですよね、じーっとじーっと延々と眺めてても飽きないのです。そして、その後同じように赤ちゃんを間近で眺めている夫の顔に視線をやると、見慣れているはずの夫の顔が、超、超、超~~~~~巨大に見えたのです。さおりさんも例外じゃないみたいで、ふっとトニーさんの顔を見たときの反応なんか、笑えるぐらい当を得ていました。
今現在おうちに赤ちゃんがいる人には、子育てのテキストになる部分も大いにあり。
マンガも面白いけど、トニーさんのエッセイも素晴らしいし、巻末のかわかみじゅんこさん夫婦(同じく外国人カップル漫画家パリ在住)との対談も面白い。
いろいろと詰め込まれたバラエティ豊かさが嬉しい一冊になっています♪
スポンサーサイト
[あ行のマンガ家]小栗佐多里 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。