AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ママはテンパリスト/東村アキコ

2010年04月09日
ママはテンパリスト 3
ママはテンパリスト 3
集英社 2010-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
海月姫(4) (KISSコミックス) ひまわりっ ~健一レジェンド~(13) <完> (モーニング KC) ママはテンパリスト 2 ママはテンパリスト 1 海月姫(3) (KC KISS)


衝撃のの子育てエッセイ第3弾。
笑えます、相変わらず・・・。だけど、ごっちゃん、ちょっと可哀想すぎませんか?
子どもをいい子にするために、脅しながらしつけたり、もので釣ったりしてはいけません。
・・・・・と、私の世代の母親なら、教えられてきたはず。
東村さん、脅かしすぎでしょう。ごっちゃんがこれでは可哀想・・・・
と、思う部分も確かにあるにはあるんですが、この巻で私は目からうろこ状態になりました。
「夜には鬼が来る、暗闇が怖い、夜の外出は危ない」
などなど、子どもにインプットするのって、とっても大事なことじゃないですか?
今は夜中まで道路も明るいし、お店も開いているし、あんまり「夜の外出はダメ」っていう雰囲気を作るのは簡単じゃなくなってるんですよね。信じられないような小さい子どもをつれた親子連れで、信じられないような時間に、うろうろしている家族をたまに・・っていうか、よく見かけます。
子どもは寝てなきゃおかしい時間だろう?と思うことしばしば。
そんな子どもは大きくなってから、夜平気で遊びまわる子どもにならないのか?と、心配・・って、余計なお世話かもしれませんけどね。
ごっちゃん流子育て、見習っていい部分も確かにあるかも!と、思う今日この頃です。
でもでも、やっぱり、だんごむしの一件はかわいそうでした~!!!
いや、東村さんが悪いって言うんじゃなくてね。
だんごむし、子どもが一度は通る道ですよね?(笑)
あと、巻末のアシスタントさんたちによる、別の角度から描かれたごっちゃん像が、一味違っていて意外性があって素敵~~。こうしてみると、ずいぶん違うんですよね、母から見る「子ども」とは。

1~2巻の感想はこちら



そうそう、この3巻の衝撃は、ヅカメイク!!こんな大事なことを書き忘れるとは私と言うやつはどこまで海馬がだめになっているんでしょうか。もうねー衝撃なんですよ!!!
パタリロみたい・・・と思ったのは私だけ?(笑)
一見の価値あり!!!
スポンサーサイト
[は行のマンガ家]東村アキコ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。