AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ハガネの女/深谷 かほる

2010年05月05日
4088654714ハガネの女 1 (クイーンズコミックス)
集英社 2008-04-18

by G-Tools


珍しく自分買い。
本屋さんで、なんかないかなーと探していて、平積みになっていたので。。
帯には「ドラマ化」の文字が。
吉瀬美智子を主演にテレビ朝日系で5月21日(金)よりスタートするそうです。
芳賀稲子(はがいねこ)、略してハガネ・・・は、35歳無職独身。
結婚のために小学校の教諭を辞めたのに、結婚をドタキャンされてしまったのです。
学生時代から稲子をよく知る友人先崎の勧めで、彼の勤める小学校に臨時教員として働くことに。
その学校の4年生さくら組は問題のあるクラスで、1年半の間に担任が3人「再起不能」になっているとういいわくつき。
ハガネという名前は伊達じゃない、剣道の試合でも、骨が折れても試合を続けるド根性が、稲子をハガネと呼ばしめるゆえんなのです。
そんな「強い」稲子が4年さくら組の問題にどう対処していくのか??

と、よくある、熱血教師物語のようですが、稲子の性格が正義の味方っていうのはお約束にしても、どこか完璧じゃなくて、友人先崎含め、周囲にさりげないけれどフォローされることもあり、稲子自身間違いもおかすし、でもその間違いにちゃんと向き合うことができるっていうのが、なんだか「リアル」です。

当面の問題としては、クラス内で不登校を含め、イジメがあるような気がする・・と。
これが、結構奥が深い「いじめ」でした・・・。表面だけ見ていてはダメ!
単純ではないだけに、読み応えがありました。

実際、本当に尊敬できたり全面的に信用できる先生って、少ないと思いませんか?
自分を含め、子どもの先生やらなんやら、ほんとに「いい先生」として思い出されるのは、言っては申し訳ないけど小数・・。でもそれって、「合う」「合わない」って問題もあるんですよね。他の生徒(児童)やその保護者に絶大な人気がある先生でも、自分には合わないこともある。
でも、先生の熱意や真剣さがあったら「合わないから仕方がない」って、引いてしまうのじゃなく、「どうして合わないんだろう?」って考えてくれそうな気がします。このハガネ先生は、そんな先生なのじゃないかな?って思える。
キレイごとだけ描いてないところがよかったです。

先生ものっていうと・・・↓感想あります。

生徒諸君 教師編
鈴木先生





スポンサーサイト
[は行のマンガ家]他 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
Re: ドラマで
いらっしゃい、翔ままちゃん(^^)
えーーーこれって、そんな深夜のドラマなの?
知らなかった・・・どおりであんまり話題になってないのね・・・。
そうそう、吉瀬さん、CMでは良く見るなーと思ってたけど(きれいな人ですよね)
エリーゼだったことはごく最近知りました。
びっくりしました!(笑)
ドラマで
 とってもお久しぶりです。
 これ、昨日ドラマで観ました。
 サイトでは夜11:15からってなってるんですが、こちらでは「探偵~」があるので、深夜帯ですよ(^_^;)
 主演の吉瀬さん、のだめの映画で「エリーゼ」やってる方ですよね(*^_^*)
 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。