AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

主に泣いてます/東村アキコ

2010年09月18日
4063729338主に泣いてます(1) (モーニングKC)
東村 アキコ
講談社 2010-08-23

by G-Tools


東村さん、絶好調!

今回の主人公は、紺野泉さん。
これがとんでもなく美人で、泉さんをめぐる刃傷沙汰は枚挙に暇がありません。
一目見るなり、誰もがその美しさにノックアウト、プロポーズやストーキングという行為にぶっ飛んでしまうので、泉さんも心が休まる暇がないのです。
そんな泉をサポートするのは中学生のつねちゃん。
めちゃくちゃしっかりモノで、お金持ちなので、友達というよりもパトロンです。
泉が男たちの魔の手(狂気の愛)から救うべく、日夜奮闘しています。
その奮闘振りが・・・可笑しいんですけどね(^_^;)。子泣きじじいに変身させたり、へんてこなコスプレさせたりね・・・・思わず、書いてるように、子泣きじじいの蓑がヤフオクにあるんだろうか・・・と検索してしまったけど、いまんとこ、なかったです笑。
さて、泉は、実は画家の愛人・・・!
でも、愛人と言っても、全然イメージが違うんですけどね。
画家が絵画教室をやってて、つねちゃんはそこの生徒なんだけど、先生が海外に行ってる間、代わりの先生がやってきます。それが美大生の赤松。
泉は、そんなこんなで一箇所になかなか定住できないのですね。
結局今回も住むところがなくて路頭に迷う羽目に・・・・そこで、赤松の家に転がり込んでしまうわけで、奇妙な共同生活が始まったところです。
赤松を加え、そしてつねちゃんの中学校の唯一の友達、こももを加えて、4人の迷走がどんな感じになっていくのか、すごく楽しみな「主に泣いてます」なのです。
あ、タイトルの由来は・・・泉がお休みの日にやってることだそうで・・・(^_^;)
巻末に、このマンガの出来た歴史・・・みたいなのが書いてあって、それもまた一読の価値アリ。
うーん、面白い。
ともかく、東村さんのセンスにはただただ脱帽するのみです。
我が家でも、今一番人気のある漫画家ですよ!(笑)

これもあさみさんにお借りしました。ありがとうございました!

スポンサーサイト
[は行のマンガ家]東村アキコ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。