AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

刻刻/堀尾省太

2010年12月12日
4063728226刻刻(1) (モーニングKC)
堀尾 省太
講談社 2009-08-21

by G-Tools


うーん。
不思議な物語です。
私は大昔に見ていたアニメ「ポールのミラクル大作戦」を思い出しました(笑)。
自分たち以外の世界が全て、時を止めてしまいます。

主人公一家佑河家は、「時を止める」ちからがある。
しかし、そのちからは祖父だけの秘密になっている。
そのちからを出すための「道具」が、テレビの上に無造作に置いてある「努力」「両国国技館」と書かれた、木?石?の置物。
あるとき、この一家で誘拐騒動が起きる。
ちからの伝承者の祖父から見ればひ孫の真が、幼稚園の帰りに迎えに行った翼(翼は「孫」かな。真から見たら「伯父」か・・親子関係がちょっとややこしいですね。)ともども何者かに誘拐されてしまう。
そこで、祖父が先祖伝来の宝刀である秘伝の能力を使うことになるわけです。
しかし、敵の目的こそが、その「能力」だったということ。
誰も知らないと思っていたこの能力を、狙っているものがいて、そいつらと戦う話。。。かな。(^_^;)
なんせややこしいし、難しくて。説明できないわ~~これは。読んでいただかないと。すみません(^_^;)
でも、面白いんですよね~~。
これも続きが気になる物語。
なんせ、アイデアがすごいわ。良くこんな話を思いつきますよね。すごい!

4063728234刻刻(2) (モーニングKC)
堀尾 省太
講談社 2009-08-21

by G-Tools

4063729249刻刻(3) (モーニングKC)
堀尾 省太
講談社 2010-08-23

by G-Tools



スポンサーサイト
[は行のマンガ家]他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。