AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

新年&拍手お礼&マンガ探し

2011年01月07日
新年も1週間が過ぎましたが、今年最初の記事と言うことで、新年のご挨拶を・・
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!
みなさまも私もいいマンガに出会いますように念じております(*^_^*)

さて、いつも拍手をいただいてありがとうございます。
「ジルとライオン/西谷」にコメントくださった昭和子ちゃんさんありがとうございました。
西谷さんはほんとうに絵の美しい漫画家さんです。今見ても見とれますよね!
「わすれな草/河 あきら」にコメントくださったタミテンさんありがとうございました。
ご質問の件ですが、私には申し訳ないんですがわかりませんでした・・・(^_^;)
河さんもすごく作品数が多いので、私が読んでない作品も多いですよね。
この記事で呼びかけてみますね。

ということで、マンガを探しています。
ひとつは河あきらさんの作品。ご質問の内容はこちらです。
確か、河先生が自身の高校時代のことなどを描いた短編があったのですが、タイトルがわからず、長年気になってます。ご存知ないでしょうか?

そしてもうひとつは、以下のご質問です。全文掲載させていただきます。
ご存知の方がおられましたらぜひともコメント残してください。
コメントが書き込めない場合は、申し訳ありませんが拍手のコメント蘭に書いてくださるとありがたいです。

探し物があってこちらにたどり着きました。
20年以上前の少女マンガの作品名をご存知でしたら教えてください。
どうしてもこの作品をもう一度読みたくて探しています。

①この作品は短編であり、いろんな作者さんの作品が収録されているコミックスの1作品でした。
②岩館真理子さんの「となりの住人」や池野恋さんの「ときめきトゥナイト」などの時代です。
③出版社はまったく分かりません。
④内容は
・主人公は男女共学の中学生か高校生である。
・主人公の三つ網の女の子(たしか赤毛でそばかすもあったかも)はクラスメイトの黒髪で長い髪の女の子
(たしか転入生)と仲良くしたいと思う。
・三つ網の子は黒髪の子をイスに座らせ、教室で髪をとかしてあげる。その際にきれいな黒髪をほめる。
・しかし、黒髪の子は「ああ、髪の毛を他人に触られるのはいやだな、きもちわるい・・」と思いながら我慢する。
もちろん三つ網の子が好意から髪をとかしてくれているので我慢していたのですが、我慢できなくなり、
三つ網の子を突き飛ばし、イスから立ち上がり教室から出ようとしてそのまま失神してしまったように記憶しています。
突き飛ばされた三つ網の子は窓ガラスにひじをあててしまい、怪我をする。ひょっとしたらそのときの血をみて黒髪の子は
失神したのかもしれません。
・三つ網の子はたしか赤毛だったような気がします。おてんばな子です。
・黒髪の子はおとなしく色白です。
・三つ網の子と仲良くなりだんだんと明るい性格になってきた黒髪の子は、三つ網の子がひそかに思いをよせていたクラスメイト
の男の子と一緒に下校したりと親密になっていく。
・おそらく黒髪の子と男の子は付き合いだし、三つ網の子はひとり秋風ふく校舎で泣くのでした。

そのコミックスの巻末の作品は時代劇のような作品で、追っ手から逃げる男が小屋に逃げ込み、小屋に住む女におかゆか
なにかをたべさせてもらう。その女の幼い子どもは逃げてきた男を「とうさま、とうさま」と父親とかんちがいする。
追っ手が小屋に入ってきて、男はかくれる。追っ手に「人を殺した男を追っている。知らないか?」のように聴かれ女は「知りま せん」と男をかくまう。

情報がすくなくてすみません。





ではでは、今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[その他]もろもろ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。