AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ましろのおと(2巻)

2011年02月03日
ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)
ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)羅川 真里茂

講談社 2010-12-17
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1巻の感想はこちらです。

さて、2巻に入り盛り上がってきました。
ともかくこのマンガの魅力は、紙面から音が聞こえると言うよりも、津軽三味線の迫力が空気を通して伝わってくる感じ。読んでるだけで、空気が震えてるような錯覚を覚えるほどの迫力です。
鳥肌も立つし、涙もわいてくる。
絵面を見ているだけで・・・ですよ。
実際に聞こえないからこその魅力なんだろうと思うけど、やっぱり、どんな演奏なんだろう・・聴いてみたいですね。


さて、高校に入学して雪と関係してくる学校関係の人々も多くなってきて、ちょっとついていけない感じもしてます・・・・一気に人物相関が広がってきましたから。
とりあえず重要人物は↓

前田朱利は、高校内で「津軽三味線愛好会」を発足させるべく、孤軍奮闘中。
雪は、興味もなく他人事だったし、三味線のことを全然知らない人間に、三味線をいじられるのも面白くないという気持ちから、かえって朱利にもつめたい。
でも、実はその朱利が雪とは、雪たちのじっちゃんの即興曲「春暁」を通して、並々ならないご縁があると知ります。朱利のおばあさんは遠い昔、疎開先の秋田で、雪たちのじっちゃんに出会っていたのです。

そして、朱利を好きな幼馴染の海人。
海人を好きらしい、オタク女子の結(ゆい)。

先生もとても個性的。

そして高校の卒業生で、津軽三味線愛好会の発起人である「神木清流」こと緒方洸輔。その世界のプリンス的存在。津軽三味線全国大会A級優勝者。
準優勝者が、その三味線の師匠の息子、田沼総一18歳。妹もいるよ。舞ちゃんです。こちらは青森在住です。

これぐらいメモって置くといいかも・・・(^_^;)。



内容的には、雪の津軽三味線の腕前はまだまだ荒削りで、シチュエーションを選んで演奏するし、完全じゃない。彼が全国制覇を狙う物語なのだろうと思ってるのですが、はたして・・・。
どんどん盛り上がって行きたい所ですね。
次が楽しみです!


スポンサーサイト
[や・ら・わ行のマンガ家]羅川真里茂 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。