AX

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

エルメスの道/竹宮恵子

2004年10月27日
エルメスの道
竹宮 惠子
4120026728


たまたま図書館で見つけたので借りました!
エルメスとかブランド物には無縁の私ですが
竹宮さんの漫画ってことで借りてきたのだ。
先にあとがきでの竹宮さんの言葉を紹介すると

まず、この漫画はエルメスの現社長?当時社長?
ジャン・ルイ・デュマ・エルメス氏から
直々に中央公論社に「エルメス史の漫画化」の依頼があったそうだ。
日本で漫画で、社史を出版したいと思ったそうだ!!
この時点で「なんか、好感触♪」?(笑)

そこで、竹宮さんに白羽の矢があたったそうだが
竹宮さんもブランドにはあまり詳しくない上、特にエルメスというブランドは「まだまだ自分の『分』ではない」と、無関心に近かったようだが、作品原案を見て「これは『職人の物語』だ」と思い「これなら出来る」と引き受けたそうだ。

まさにそのとおり、ストーリーは現社長(当時社長?)のおじいさんのティエリ・エルメスから始まっているが、このティエリ、馬具職人だったのだ。
しかも、仕事が丁寧で、とっても仕事がいい!
自分の知名度はさておいて、最高の馬具を作り、一流の顧客をその信頼と信用で得ていった。
そして、自分の店をかまえて、産業革命の進む中1867年パリ万博、ティエリの馬具は銀賞を受ける。
その11年後、再びパリ万博での金賞を目指す志半ばで、ティエリはエルメス社と完璧主義の基礎を残して、生涯を閉じる。
一貫して最高級の馬具を作ろうとした姿勢に清々しい感動を覚えた。
その後、息子のエミールがテンポを拡大して
もともとは鞍を入れるための「鞍入れ」が、エルメスの数々のバッグや時計やベルトの前身なのだが、それがこの頃に作られる。

その娘の結婚相手ロベールが、例のスカーフを世に出し
その息子のルイが現社長とのこと。
このロベールの時代までを描いた漫画なのだが
ブランドに興味のない私にも「職人から立身出世した家族の物語」としてものすごく楽しめた。

たとえば、今の腕時計の元になったものはエルメスが作り出したとか、スカートにジッパーを初めてつけたのもエルメスだったそうだし、ショーウィンドウのディスプレイを芸術にまで高めたのもエルメスが初めてだったとか。
いろんな「起源」が、エルメスにあることなどが描かれてて面白かった!

もちろん、1929年アメリカ大恐慌や2度の世界大戦の影響も受けており、その辺もきちんと描かれてて読み応えあり。
竹宮氏も「これ以上は出来ない」と断言されるほどの素晴らしい漫画になってる。

おそらく、エルメスの製品なんか、一生手が出せないと思うけど、これよむと、エルメス商品を見る目がちょっと変わるように思いまする。
スポンサーサイト
[た行のマンガ家]竹宮恵子 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。